Monumento

tokada's Monumento

Posted texts(76786)

  • tokada
  • 2019/04/08 13:25
  • (21)

(北東面)   施主 大坂新町   折屋徳兵衛 同ゑゐ (南東面) すぐ加婦と山観音 是より          十五丁 --- 道標

(南面) すぐ 中山    小濱 (東面) すぐ 西之宮 (北面) すぐ 尼ヶ崎    大坂 (西面) すぐ 京都 --- 道標

  • tokada
  • 2019/04/08 13:10
  • (26)

(南面) すぐ 中山    ありま (西面) すぐ 京 (北面) すぐ 大坂 (東面) すぐ 西宮 --- 道標

(南面) 従是多田御社江 一里半 --- 道標

  • tokada
  • 2019/04/08 12:45
  • (12)

(西面) 明和四丁亥歳孟秋 (和と秋はへんとつくりが逆) (南面) 聖徳太子之作 くわんぜおん不゛さつ (東面) 當國廿六番 廣智禅 --- 道標

(南面) 右(右向き指差し)芥川 高槻 山崎 京都 左(左向き指差し)福井 豊川 箕面 池田 神戸 (西面) 右 茨木停車場 大阪 茨木 左 石川 見山 (北面) 此處安威村大字十日市 (東面) 明治四十二年三月建設...

  • tokada
  • 2019/04/08 12:37
  • (33)

(南面) 右(右向き指差し)芥川 高槻 山崎 京都 左(左向き指差し)福井 豊川 箕面 池田 神戸 (西面) 右 茨木停車場 大阪 茨木 左 石川 見山 (北面) 此處安威村大字十日市 (東面) 明治四十二年三月建設...

[中央の大きな道標] (北面) 明治四十三年六月建之 大阪府 (東面) 右 石川 見山 妙見道 (南面) 右 芥川 山崎 京都 左 豊川 池田 神戸 (西面) 此處芥川大字郡家 [壁に埋め込まれた道標] 右 ...

(北西面) 國道第三號路線 (右指差し) 池田 伊丹 神戸 道              芥川 高槻 京都 (西南面) 茨木街道 (右指差し) 茨木 三島江 枚方道 (南東面)  明治三十六年八月 大阪府 --- ...

(南面)   子年十月日 (西面) みのをみち (北面) 施主大坂 吉文字屋       利兵 --- 道標 街道

菅原神社 (すがわらじんじゃ)  菅原神社は、上野天宮(通称お天神さん) と呼ばれ、菅原道真 公を主神とする神社です 旧上野町六千戸の産土神として、また文學の 祖神あるいは牛馬の安護神として宗敬されて います  往古、上野...

This invaluable historic treasure, one of the oldest posts in Hyogo, was erected in 1668 (early Edo Period) at ...

【宝塚市指定文化財】 寬文八年紀年銘道標 かんぶんはちねんきねんめいどうひょう (Arima Highway Road Sign Post) 指定年月日 昭和61年3月7日  この道標江戸時代初期 の寛文八年(16...

府中村道路元標 --- 道路元標

  • tokada
  • 2019/04/07 16:38
  • (24)

辻の地蔵 この地蔵は安政年間(一八五四~六〇)の創建で、ここから少し西の 昔、有馬街道 といった道の辻にあって、旅行く人の道中安全 の守護仏として篤い信仰を集めていました。昭和三十五年ごろ、 松林寺に移されましたが、ご覧の通...

上大市庚申塔 庚神さんはその土地土地によって道祖神あるいは 賽の神などと呼ばれている。 いわゆる防障防賽の神で、疫病などの侵入を 防ぐために村境や辻、あるいは橋のたもとなどに 建てられた。庚申塔はその名のとおり干支でいう...

両名刹への道標 この場所は普の有馬道 (西宮~有馬)と今津・ 高木道の分岐点にあたる。この道標は西宮で 酒造業を営んでいた藤田源治郎が建てたもので 門戸厄神と清荒神 への道しるべである。建立した 年代は十九世紀前半であ...

供養道標 甲山観音が甲山を下り神呪、仏性原に、そして現在地に 移ったすぐあとの一七六〇年ころの建立で、神呪寺までの 距離二十二丁とあります。この道標は大坂新町の 折屋甚蔵が使用人であったみつ、やな などの五人の婦女子の死を...

だんのうえ 道標 この先の三又路には清荒神、甲山大師、厄神明王 などの名刹に参詣する人のための道標や高木、 今津などへの道標がある。西廣寺の西隣に内山 龍虎という医師の家があった。明治十七年(一八八四)頃 この界隈のお医...

百間樋 天正二年(一五七四)に伏せられたともいわれる この樋は、ここから約九百メートル北の武庫川右岸 から取水した後、仁川下流まで引水し、そこから 仁川の川床を長さ百間の暗渠として 伏せられたため百間樋の名称がついた。 こ...