Monumento

tenma さん

投稿済みテキスト(780528)

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/21 22:18
  • (192)

芦田宿 本陣 土屋家 芦田宿 は、慶長二年(1597)に設立、江戸幕府の交通政策施行(慶長六年)より四年前で北佐久では一番早くできた。  本陣土屋家は、問屋を兼ね芦田宿の開祖でもあった。  本陣御殿(客室)は寛政十二年(...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/21 22:17
  • (117)

金丸土屋旅館 文化元年(1804 年)頃より旅籠屋で、軒の西側に「津ちや」東側に「土屋」の看板を掲げる、今も旅館を営む金丸土屋旅館。二階の部分が表通りに少し出ている出張り造りで腕木に彫刻、煙だしを持つ大屋根など多くの特徴を持っ...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/21 22:16
  • (126)

庄屋 山浦家 庄屋跡の山浦家は慶長から明治年間に山浦権助 によって建築されたと云われている。 問屋としても その役割を担っていた。現在は、建物の老朽化により取り壊され、跡地の奥には土蔵のみ残っている。 えがおのふれあい「芦...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:30
  • (635)

芦田宿(あしだじゅく) 慶長年間、徳川幕府によってつくられた中山道 は、近世五街道ひとつであり、江戸と京都の交流を結ぶ役を果たしていた。  芦田宿 は中山道二十六番目の宿として、宿の町並みは、六町二〇間(約七〇〇メートル)...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:29
  • (398)

中仙道茂田井入口  望月宿を抜けると中山道は茂田井に至っている茂田井は、東の望月宿と西の茂田宿の間にある日村で、現在は間の宿とも呼ばれている。ここは茂田井への入口で、坂を下りはじめると、江戸時代の面影の残る民家や造り酒屋が軒を連...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:28
  • (325)

立科町文化財 一里塚跡(茂田井)  一里塚 は、信長の時代に設けられ、徳川家康・秀忠が引きついで慶長九年(1604)に完成した。(慶長見聞集)  中国で路の側に一里毎に土を盛り、その崩れ去るのを防いでエンジュの木を植え旅...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:28
  • (134)

茂田井村上組高札場跡  江戸時代、庶民に法令を徹底させるため、高札 が掲げられた。  高札場 は名主宅前に設けられることが多い。  茂田井村は戸数が多く、上組、下組と二人の名主がいた時代があり、ここ上組名主宅前に上組高札...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:27
  • (74)

石割坂  勾配がきつく大きな石があり交通に不便だったが、その石を割り中山道を開通させたので石割坂と呼ばれている。 茂田井間の宿保全・活性化事業実行委員会

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:27
  • (212)

奈良市指定文化財 木造弘法大師坐像一軀 昭和六十年三月七日指定 木造地蔵菩薩半跏像一軀 平成十一年四月十四日指定  西光院の弘法大師 像は裸に作られ衣を着せて祀られる 全身裸形の像は鎌倉時代中期から後期頃に作られただけで...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:26
  • (434)

浅間山へ登山をする皆様へ 浅間山の噴火は、すべて予知できるわけではありません。 1982年4月の噴火と1983年4月の噴火は、まったく前兆なしに起こりました。1983年4月の噴火の時は、火口から2,3㎞離れた湯の平に直径1m程...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:25
  • (266)

高津屋 ここは”高津屋” ”高津な”又は”太郎山ともいわれ麓の一帯には縄文時代遺跡が散在する中に古墳も幾つか残っておりその頃から中世につゝく旧松井村の故地でもある 佐久、小県を一望のうちに収める景勝の地形から戦国時代には狼煙...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:23
  • (402)

八王子四之室神社 当神社は八王子四之室の両社をお祭りしております 八王子社の祭神は素盞嗚尊の八人の御子神様 四の室社の祭神は春日大社第四殿の姫大神様です 両社の創建時期は明らかではありませんが江戸以前と考えられています 江...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:23
  • (194)

南市恵毘須神社について 高田和夫 おばあさんの家の近くにある「えべっさん」と呼ばれて親しまれている神社についてしらべました。奈良市の中心部にある南市は鎌倉時代に市場が開かれた場所で恵毘須神社は、守護神として栄えてきたと言われて...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:22
  • (291)

安中原市の杉並木 国指定天然記念物 昭和八年四月一日指定 中山道の杉並木として 江戸時代初期から植え継がれてきたが、その後の様子は左記の通りである。 年代   安中分  原市分  合計 天保十五年 三八七 三四五  七三二...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:21
  • (431)

眞光寺の鐘 安中市指定重要文化財 昭和五二年一二月二二日指定 眞光寺の鐘は板鼻の称名寺の鐘、下秋間の桂昌寺の鐘とともに第二次世界大戦において安中市で供出を免れた三鐘の一つである。 先に仁井輿惣右衛門が眞光寺に寄付していた鐘...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:20
  • (444)

安中市指定重要文化財 八本木延命地蔵尊縁起  当地蔵堂の御本尊延命地蔵菩薩像は、大永五年(1,525)松井田小屋城主安中忠清 が、原市に榎下城を築いて移り住むとき、かっての故郷越後国新発田より、近戸明神、米山薬師と共に城の守護...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:19
  • (180)

説明 八本木地蔵堂の本尊・地蔵菩薩像に頭は円頂(剃った坊主頭)で体には袈裟と衣を着用し普通の僧侶の姿をしている。秘仏として御開帳を百年目ごとにする定めとなっており、霊験あらたかで日本三地蔵の一つであるといわれている。  様式は...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:19
  • (139)

松井田宿名所・旧跡③ 宗徳寺(西上州14番札所) この案内板から南方へ入ると右手に山門がある 臨済宗妙心寺派貞松山崇徳寺、開山は仏満忻禅師、 開基は足利尊氏 公と伝わる。立派な双龍の山門絵図、寺の御本尊は釈迦如来。観音堂に...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:18
  • (195)

松井田城址 城の位置 松井田町新堀 (松井田市街地の北方の山なみ) 城について 城は東と西の二つの郭から成る。東半は御殿山を中心に安中郭(市指定)と呼び安中忠政が本格的に築城したという。 西半は本丸、馬出し、二の丸の三つ...

  • tenma
  • tenma
  • 2017/06/12 12:18
  • (562)

碓氷神社 祭神 速玉之男命 伊邪那美命 事解之男命  大山祇命 保食神 大日*命 建御名方命 猿田彦命 素戔嗚命 火雷神 阿志奈都智命 手奈都智命 誉田別命 菅原道眞公 埴安姫命 石長姫命 火産霊命 御由緒 創立年...