Monumento

ogaworks's Monumento

Posted texts(184165)

内藤家墓地 鎌倉市指定史跡 昭和三十七年九月七日 指定  日向延岡の城主内藤家の歴代墓地で、江戸時代初期以来、代々のものが一墓地に建立されている。高さ三メートルに及ぶ大宝篋印塔 などが多く、他に笠塔婆、仏像形、五輪塔形、角塔...

重要文化財 志賀社 御祭神は海神 綿津見三柱神。古代後期より中世にかけて海外貿易を行っていた安楽寺(太宰府天満宮)は、海上安全の海の神として祀る。長禄二年(1458)の再建で和・唐・天竺の三様式をもって構成され当初は黒漆と金製金...

心字池と太鼓橋 この神池は「心」という字をかたどったものであり、太鼓橋と直橋の三つの神橋は、仏教思想にいう過去・現在・未来の中世の担を現わしたものである。この池の を渡ることによって「三世の邪念を祓う」ともいわれ、参拝者の身を清...

菅原道真公歌碑 東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ  昌泰 四年(904)に大宰権師を命じられた菅原道真 公が京都を出発される際に紅梅殿の梅に惜別の想いを込めて詠じられたもので、公を慕って一夜のうちに...

石鳥居 (県指定文化財) この石鳥居は今からおよそ七百年前、南北朝時代 に建立されたと推定され、九州では最古といわれている。筑後国有坂 城主 新田大炊介 寄進と記されている。 --- 太宰府

太宰府天満宮由緒 一、祭神 菅原道真公 一、鎮座 延喜 三年二月二十五日 菅原道真 公は承和 十二年六月二十五日京都の菅原院にてご生誕 国家の隆盛と文化の発展に尽くされ 延喜三年二月二十五日配所榎寺に於いて清明の一生を終え...

楓社 御祭神 菅公北の方 宣来子命 道真公の奥方で、詩作の師であった島田忠臣 公の娘、宣来子命を祀る摂社である。 創建は不詳なるも、室町期の境内古図には、既に記されている。古来より夫婦円満・安産・子宝の守護神とて信仰されている...

蘇峰詩碑 徳富猪一郎 (蘇峰)は熊本県に生まれ、二十七歳で「国民新聞 」を刊行した思想家であり歴史家である。菅家の子孫といい、菅原正敬 と署名している。この詩は道真公のご生涯とその精神を讃えたもので、九十二歳の書である。 文...

麒麟および驚像 (県指定文化財)  麒麟は中国の瑞獣思想上の動物で、聖人が現われて王道が行われる時に出現すると伝えられ、菅公御聖徳をたたえたものといえる。  一月七日、一年中の娘を天神様の誠心と取り替えていただく鷽替神事縁の鳥で...

和魂漢才碑  漢学に精通しつつも、日本精神を失わないようにこの四文字が、菅公の学識と教学を適切にいい現した言葉で、明治維新の後、これを替えて和魂洋才という言葉も生まれた。  この碑は、安政五年(1856) 菅原為定 の書で、西...

手水舎  手水鉢は、霊峰宝満山山腹より切り出された一枚岩で、わが国では類例をみない大きさである。 中央に刻まれた神亀は、除災延齢を意味している。  この手水舎は昭和九年(1934)の建立で、博多の豪商、石田清 氏の奉納である...

くすかき 新芽に押されて落ちてくる 新芽の数だけ落ちてくる 千年椿のその場所で 千年分を掻いてみる。 千年椿のその場所で 千年樺を描いてみる 去年が今年に生え変わる その瞬間に落ちてくる 新芽に押されて朝がくる 新...

菅原道真公歌碑 東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ  昌泰 四年(904)に大宰権師を命じられた菅原道真 公が京都を出発される際に紅梅殿の梅に惜別の想いを込めて詠じられたもので、公を慕って一夜のうちに...

石鳥居 (県指定文化財) この石鳥居は今からおよそ七百年前、南北朝時代 に建立されたと推定され、九州では最古といわれている。筑後国有坂 城主 新田大炊介 寄進と記されている。

太宰府天満宮由緒 一、祭神 菅原道真公 一、鎮座 延喜 三年二月二十五日 菅原道真 公は承和 十二年六月二十五日京都の菅原院にてご生誕 国家の隆盛と文化の発展に尽くされ 延喜三年二月二十五日配所榎寺に於いて清明の一生を終え...

太宰府天満宮由緒 一、祭神 菅原道真公 一、鎮座 延喜三年二月二十五日 菅原道真 公は承和十二年六月二十五日京都の菅原院にてご生誕 国家の隆盛と文化の発展に尽くされ 延喜三年二月二十五日配所榎寺に於いて清明の一生を終えられ現在...

太宰府天満宮由緒 一、祭神 菅原道真公 一、鎮座 延喜三年二月二十五日 菅原道真公は承和十二年六月二十五日京都の菅原院にてご生誕 国家の隆盛と文化の発展に尽くされ 延喜三年二月二十五日配所榎寺に於いて清明の一生を終えられ現在の御...

延壽王院 安栄寺天満宮留守別当大鳥居の宿坊で、宝暦四年(1754) 桃園天皇 より院号を賜った。 慶応元年(1865)から約三年間、朝廷を追われた三条実美尊皇攘夷 派の五卿がこの延壽王院に滞在し、その間、西郷隆盛、...

石鳥居 (県指定文化財) この石鳥居は今からおよそ七百年前、南北朝時代 に建立されたと推定され、九州では最古といわれている。筑後国有坂城主 新田大炊介 寄進と記されている。

心字池と太鼓橋 この神池は「心」という字をかたどったものであり、太鼓橋と直橋の三つの神橋は、仏教思想にいう過去・現在・未来の中世の担を現わしたものである。この池の を渡ることによって「三世の邪念を祓う」ともいわれ、参拝者の身を清...