Monumento

genjitsu_'s Monumento

Posted texts(85756)

名勝「湯畑」  草津温泉 のシンボル「湯畑」は、石柵内の広さ1,112㎡、52℃の温泉が毎分4,040L湧出している草津を代表する源泉地の一つです。  中央にある7本の 湯樋 は全長40mあり、ここに温泉を流すことで高温の...

草津の未来をえがく 大型レジャー時代はすでにひらかれている。現代の人間生活は単なる生産、勤労ばかりでは絶対に充たされない。 レジャー産業観光事業 の、社会生活全体の中に占める重みは今後ますます拡大されてゆくだろう。そし...

慰霊  栗原健二 医師は昭和19年(1944)7月20日、学校医として予防接種のため旧 大田小学校 へ豪雨の中を自転車で向かう途中、 椎谷岬天拝山崖崩れ に巻き込まれて遭難、土砂と共に波打際まで押し流され殉...

地域の宝 久寛荘(きゅうかんそう) 【群馬県多野藤岡広域市町村圏振興整備組合所有】 内藤家(ないとうけ)と長屋門(ながやもん)  内藤家 は江戸時代より 廻船業 (かいせんぎょう)を営み、全国的に「 石地 (いしじ)の内...

越の歴史自然ルート 良寛記念館  良寛 は宝暦8年( 1758 年)出雲崎の 名主 山本家(屋号橘屋)の長男として生れた、山本家は代々名主職であり 石井神社神官 も兼ねていた良寛記念館は良寛生誕200年を記念して...

金銀御用小路 慶長3年( 1598 年) 大久保石見守佐渡奉行 として当町に駐在し 佐渡鉱山 の開発に務めました 鶴子銀山 につづいて6年に 相川金銀山 と大量の金銀が産出されました、これはすべて塊として1箱1...

出雲崎よもやま話 山頭火と良寛 荒海へ 脚投げ出して 旅のあとさき 昭和11年の5月、此の町をあてどなくさまよふ一人の旅の僧がありました。 旅の僧と云ってもその姿は将に昔日の 良寛 さながらの乞食姿でありましだ。 良...

石油産業発祥地記念公園(県文化財指定) (尼瀬油田機械掘第1号井跡)  古代から、ここ 尼瀬 は海面に 石油 が浮遊していた。明治の初期ランプが輸入され石油の利用が知られて、この地域一带に手堀りによる採油が盛んとなった。明...

新潟県文化財 史跡 三国街道脇本陣跡 池田家  三国街道 は、 江戸越後 をむすぶ 江戸時代 の幹線路で、諸大名の 参勤交替 をはじめ人馬や物資の往来がさかんで、街道ぞいに多くの 宿場 があった。 三国三宿 ...

中部北陸自然歩道 猿ヶ京温泉いで湯のみち 永井宿 の本陣跡から急坂を降りると右手に郷土資料館が見えてくる。さらに下ると左に細い道がある。左に進む。鬱蒼とした森林の中の舗装された歩道を進むとやがて 国道17号 線と合流する。こ...

青木の一里塚  慶長9年( 1604 年)以降に 江戸幕府 の命令により、当時の 小諸藩 主の 仙石越前守秀久 の手により、小諸藩内の 北国街道 が整備されました。  その際、街道の36町(約4km)ごとに、五間四方...

青木(諏訪)神社元宮  寛保元年( 1741 年)新町の横山へ遷宮されるまで この地に諏訪(青木)大明神が祀られていました。この地に 青木 の大木が3本あり、慶長9年( 1604 年城主 仙石秀久小諸城 城門の造...

花川親水公園について  花川 の名前は、「名代(名伝)が桜」という小諸の民話の中に、 朝日がさせばその影は 善光寺 まで、夕日がさせば 確氷峠 までとどき その花びらが田んぼにたまって、苗代の用意ができないほどの の...

高峰高原で眺める星空 小諸ふるさと遺産認定証 No.2036 小諸市教育委員会  浅間連峰 の北にある 高峰高原 は、標高が2,000mあります。 市街地の明かりがとどかないことや、晴天率が高いことなどから満天の 星空...

笹山遺跡 笹山遺跡信濃川 中流域右岸の 河岸段丘 上に立地し、およそ5,000年前に営まれた 縄文時代 中期を中心とする 集落遺跡 です。この遺跡からは、当時のムラの様子がわかる 住居跡埋甕 (うめがめ...

エンダービー沖海戦 戦雲急を告げる昭和18年8月 前進基地 トラック島 を死守するべく 松本第150部隊 に動員下る 翌年1月 輸送船 辰羽、暁天、新京の三隻に分乗 駆逐艦 藤波 を旗艦とする護衛艦六隻と共に一路南下せ...

元祖ぴんころ地蔵 長寿地蔵尊  信州 佐久地方 は、日本でも有数の長寿の里として知られています。 住みやすい風土と 千曲川 の清流、そこで育った 佐久鯉 、新鮮な果実、野菜などの食べ物と昔ながらの勤勉さ、親交の深さが健康...

長野県野沢北高等学校学生歌碑 学生歌 奢の宴玉杯の  栄華の都遠くして 幾年ここに安らけく  結びし夢も早やさめて 雄々しく衾蹴りたてば  高原の日は輝やけり 今七百の健男児  希望は胸にあふれつつ 獅...

水車  この 水車 は、南佐久郡 小海町土村第—発電所 で使用していましたが平成7年(1995年)の発電所改造工事に伴い撤去されることになりここに展示したものです。  土村第一発電所は、大正8年(1919年)東信地...

中央区民文化財 南高橋(みなみたかばし) 所在地 中央区 新川二丁目/湊一丁目 (亀島川)  創架年代は、昭和6年(1932)に起工、同7年3月に竣工。  現在の 南高橋 の地には江戸時代には木橋は架橋されておらず、 #...