Monumento

kawa_sanpo

2017/08/27

Tags: ocr-generated 長野県 富士見町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 公園 由来
「明治37年11月、左千夫は甲州御嶽歌会の後を
韮崎より馬車で入信し、上諏訪にて赤彦と初対面し
た。明治、大正時代の日本短歌界をリードする二人
の劇的な出会である。
この頃よりアララギ同人の富士見来訪多く、明治
41年10月富士見油屋歌会に来遊した左千夫は、
「財ほしき思いは起る草花のくしく富士見に庵まぐ
かね」と原之茶屋の一小丘に立ちて、「ここは自然
の大公園だ。自然を損わぬように公園を作りたい。」
と腹案をもらされた。
村人は、赤彦を通じ左千夫に設計を依頼し、明治
44年、左千夫の指示を受け、富士見村や原之茶屋
の協力によって富士見公園が出来上った。
早春の芽吹きから、花、新緑、鮮やかな紅葉と四
囲に高峰を望むこの公園は詩歌の里としての希い&
く、左千夫歌碑が大正12年に、赤彦歌碑は昭和1
2年に、昭和40年に茂吉歌碑の建立を見るに至り、
3基の句碑と共に歌碑公園として、文学愛好者の訪ッ
れが絶えない。

Texts

monumento
2018-03-28 00:01 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2017/08/27)
Tags: 明治天皇 正岡子規 島木赤彦 アララギ 伊藤左千夫 富士見町教育委員会 斉藤茂吉 森山汀川 長野県 富士見町
kawa_sanpo (2017/08/27)
Tags: ocr-generated 長野県 富士見町
kawa_sanpo (2017/08/27)
Tags: 富士見町教育委員会 長野県 富士見町
kawa_sanpo (2017/08/27)
Tags: ocr-generated 長野県 富士見町