Monumento

鎮護慶雲

wawa

2017-06-25

タグ: 一里塚 江戸開府 地護稲荷大明神 治承 奥羽海道 天野弥五右ヱ門長重 寺社奉行 稲荷堂 弥五右ヱ門稲荷 釣堀稲荷 遷宮 東京都 台東区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Guchi Inari Inari Omijin is an ancient Inari shrine and a milestone inhabited the residents&39; faith under the large tree under the vertebrae when the neighborhood was the return of the Ouu Kaido in the old days of the birth (1180) There was a stone monument. In the end of the rise of the rise and shine, the shrine and the monkey fainted at once, died and disappeared, it became Edo Hakufu (1603), and Kanemasa deity Amano Ami Yamagatake Emperor Nagase exchanged a mansion to this shrine site I moved and lived, but a celestial bloom will appear, so when you examine it, you can see the shrine and the monument, Teruyuki scared the temple shrine magistrate and rebuilt the Inari shrine and the monument as the guardian god in this village It has been told that it was worshiped daily. This is the origin of this Inaki Inari Daimyojin, which was later worshiped from the people of the world, also referred to as Yashiro Right Gate Inari and Fisherborn Inari, later in the year. Stardust, ages were March after Showa 28th after the end of the Second World War, when I reached the shrine to another place, the inhabitants inherited in the ground, so the inhabitants in the ground I am afraid that I will change the shrine to this place on February 18, 1999 and it will extend to today. Inoki Omijin is a god that protects people&39;s welfare and livelihood of the world for the future, and we will protect them forever and ever before they live in the town. Hisayoshi Nagamori Insurgent Inari shrine (Hamamori) 3-5-3 Higashi-Neno, Taito-ku

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate MamoruKeikumo老这ChiMamoru稻荷Daimyojin是Osamuuketamawa(1180),这个区域是时间为欧北海道的班车,一棵大树椎的,聚集了信仰的老稻荷神社和里程碑的居民有一个石碑。兴衰的奇·兰,偷着神社也不皱眉的影子纪念碑,江户开福1603两端而死的外观,在1638年年内德川家部长天野Watarugomigiwemon Nagashige的是在这个神社标记豪宅期待着,谁动了,但屡人,因为奇瑞的出现,调查发现是神社和石碑的,Nagashige是愿望寺庙县长和Kyoku,重建Inarido和纪念碑处所土地区的守护者特在好客据说供奉。这就是后来的几年,无论Watarugomigiwemon伊纳里,被称为钓鱼池伊纳里,已经太热从人的世界崇拜,将是本ChiMamoru稻荷Daimyojin的起源。星迁日,1953年第二次世界大战后的战争我的年龄在三月份结束,如果有迟到,是Sengu神社到别处,所以正好有灾难继承的土地居民吃奶是Kyoku到,未来29年二月18天,我们向她今天看到你一个圣地这片土地。 ChiMamoru稻荷Daimyojin是,永远是我们的上帝是你安全自满,世界人民的生计,我们谁住在该镇将旨在永远守厚到Shishisonson。希赛肖·内加莫里符号ChiMamoru稻荷神社(Jimamori)台东区东上野3-5-3

鎮護慶雲

この地護稲荷大明神治承 (1180)の昔、この辺りが奥羽海道 の往還であ
った頃、椎の大木の下に、住民達の信仰をあつめていた古びた稲荷祠と一里塚
石碑がありました。興亡治乱のはてに、いつしか祠も碑もかげをひそめ、姿を没し
江戸開府 (1603)となり、寛永15年徳川家の臣天野弥五右ヱ門長重 がこの
祠跡に屋敷を賜り、移り住んだが、屢々、奇瑞があらわれるので、調べると祠と
石碑のことがわかり、長重は恐懼して寺社奉行 にねがい、邸内にこの地一帯の守
護神として稲荷堂 と碑を再建して、ねんごろに祀ったと伝えられている。これが
後年、弥五右ヱ門稲荷 とも、釣堀稲荷 とも称せられて、世の人々からあつく崇拝
されてきた、この地護稲荷大明神の由来であります。星遷り、年代って第二次世
界大戦終戦後の昭和二十八年三月、故あって、祠堂を他所へ遷宮 したところ、地
内に厄災相続いて起ったので地内の住人達は恐懼して、翌二十九年二月十八日、
この地に祠堂をお遷して今日に及んでおります。地護稲荷大明神は、未来永劫、
世の人の安住と生計をお護り下さる神であり、町に住む私達が子々孫々に至るま
でとこしえにあつくお守りするものであります。
永森久吉記

地護稲荷神社(ぢまもり)  台東区東上野3-5-3

テキスト化

wawa
2017-07-20 20:38 (546)
wawa

コメント・周辺画像

wawa wawa 約1年

鎮護慶雲

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2017/07/20)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2015/02/26)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2015/02/26)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2015/02/26)
タグ: 明暦の大火 門前町屋は 留守辻番屋敷 下谷神社である auto-translate 下町まちしるべ 東京都 台東区