Monumento

あらかわの史跡・文化財 加藤屋敷跡

hanacoco

2017/06/23

タグ: 荒川区教育委員会 東京都 荒川区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Rakuwa no Historic Site / Cultural Property Kato Yashiki Site In the vicinity, there was Mr. Kato&39;s shimoyashi, who was the lord of Iriya (Ehime Prefecture) Shintani. In the Genroku Eleventh Year (1698), when he was second-generation Taizo, he went to Mikawa Shimura for 2,553 pyong (about 7,000 square meters). It is presumed that the current Arakawa 1 - chome 36-38 is in the northwest of Mr. Ozeki-san. After the restoration, the residence became the upper house by the Meiji government, Mr. Kato left this place, but the place name of Mikawajima-machi capital Mino-no kanji Kato remained until the Arakawa-ku system of Showa 7 years enforcement. Arakawa Ward Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate RaKawano历史遗迹和文化遗产加藤豪宅痕迹在这个附近,出现了伊予国(爱媛县)新谷汉书的这是加藤的郊区居住。 1698年(1698),当第二代大觚,在郊区居住2153平方米(约7100平方米)在三河岛村被奉献。大关Idaku先生豪宅的西北地区,据估计,目前的荒川丁目36到百分之三的爱好。明治维新后,明治加藤先生的豪宅变成由政府上部基础,但离开了土地,地方叫三河岛町大字箕角色加藤一直保持,直到1932年荒川区制实施。教育都荒川区局

あらかわの史跡・文化財 加藤屋敷跡

 この付近には、伊予国(愛媛県)新谷藩主であった加藤氏の下屋敷があった。元禄十一年(1698)、二代泰觚のとき、三河島村に下屋敷二千百五十三坪(約七千百平方メートル)を拝領したものである。大関氏抱屋敷の北西、現在の荒川一丁目三十六~三十八番あたりと推定される。
 維新後、明治政府によって屋敷は上地となり加藤氏はこの地を去ったが、三河島町大字三ノ輪字加藤という地名が昭和七年の荒川区制施行まで残っていた。
荒川区教育委員会

テキスト化

tenma
2017-07-21 09:23 (227)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2017/06/23)
タグ: 勝海舟 荒川区教育委員会 大関屋敷跡 黒羽藩 東京都 荒川区
hanacoco (2016/04/16)
タグ: 弁財天 弁天池 東京都 荒川区
hanacoco (2017/06/23)
タグ: 荒川区教育委員会 東京都 荒川区
hanacoco (2016/04/16)
タグ: 荒川区教育委員会 東京都 荒川区