Monumento

ocr-generated 平 成 ニ0 年 + ニ月設置

hanacoco

2017-05-17

タグ: ocr-generated 東京都 台東区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 平 成 ニ0 年 + ニ月設置
指所

おお
東京都指定旧跡
東京都教育委員会
は吉田侯に儒学をもって仕えた。
三百石を給せられた。
に多くの著述があり、長男は加賀候に仕え、三男
は『九経談』『春草堂詩集』『鳳鳴集』など非常
し、一家の学を建てた。
文政八年四月二三日、ホー歳で没した。著書に、文
に仕えたが、加賀国金沢藩から資師として招かれ、を
一晩年にいたり、一時京畿に遊び、三河国吉田藩せ
だが満足せず、漢代以降の中国の諸説を直接研究
大儒であった皆川淇園、山本北山に折衷派を学ん。
「錦城は号である。加賀国大聖寺に生まれ、当時のう
の儒学者で、名は元真、字は公幹、才佐と称し、
太田錦城(一七六五~一八二五)は江戸時代中期

定、昭和三年 三月
台東区 谷中一丁目 六番 - -
「太 田 錦城墓」
B司
じょう

文化財を大切にしましょ
Historic Places
Landmarked in 1928, Designated in 1955
Ota Kinjo Haka (The Grave of Ota Kinjo)
Ou Kinio(1765-1825) isa Confucian scholar in the late Edo Period. His real
name is Motosada and popular name is Kökan or Saisa. Kinjo is his name
as a scholar. He was born in Daishoji Temple in Kaga Province. Kinjö learned
Confucianism of Secchū School under the great Confucians, Minagawa Kien
and Yamamoto Hokuzan, but was never satisfied with it and personally
studied Chinese various theories after the Han dynasty. He consequently
found an original school.
In his last years, he spent in Kinai region (present Kyoto/Osaka area) for
a period and served Yoshida Domain in Mikawa Province, but Kanazawa
Domain in Kaga Province invited him as a guest teacher and provided him
with 300 koku.
Kino died at 61 on 23th of April in 1825. He wrote a lot of works, such as
"Koukeidan", "ShunsodiShishi", "Homeishi" and so on, His eldest son served
the lord of Kaga and his third son served the lord of Yoshida as Confucian.
Tokyo Metropolitan Board of Education

テキスト化

monumento
2018-03-28 10:03 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

gotosheng (2017/01/03)
タグ: 坂 東京都 台東区
gotosheng (2017/01/07)
タグ: 坂 御府内備考 東京都 台東区
kunitenten (2016/07/14)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2017/05/19)
タグ: 台東区教育委員会 法華経 光誉円心 東京都 台東区