Monumento

auto-translate History of origin of Yamashoichi...

wawa

2022/07/16

Tags: 稲荷神社 大己貴大神 宇気茂智大神 宇賀比女神 宮崎県 日向市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate History of origin of Yamashoichi Inari Shrine Yoneyamashoichi Inari Shrine enshrines the three pillars of the spirits of Takashi Omi, Shigetomo Uke, and Goddess Uga, and is in the 8th year of eternity (1511, Muromachi period). More than 500 years ago, in the reign of Emperor Kashiwabara, the warlord who was said to have ruled this land at that time served as a guardian deity from the country of Okuma (currently Kagoshima Prefecture). It is said that it was relocated to (Hirano) and erected. Later, the belief increased, and the villagers were allegedly bestowed with the sacred virtues by the exaltation of the sacred power. After that, although the age is not known, it is said that he moved to Mt. Hachiman, Mt. On November 19, 1985, due to the deterioration of the shrine, a new construction event was held by the construction committee including Mr. Hiroshi Kashiwada. In April 2010, this shrine will be Setsumatsusha at Hokoshima Shrine. It was incorporated as an end company and continues to this day. The Hatsuuma Festival is solemnly held on the first day of February of the lunar calendar, and many worshipers from nearby areas are bustling with people, such as blessings and mochi-maki. November 2010 Yoshihi Shrine 25th Anniversary Project Shoichi Yoneyama Chairman Eizo Tomiyama Vice Chairman Shungo Murakami Vice Chairman Sakae Koide Guji Ando Masahiko Kodama Masonry Kiichi Wakata

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 山正一稻荷神社的由来历史 米山正一稻荷神社供奉着近江贵友、宇贺重友、宇贺女神的三大神柱,到了永恒的第8年(1511年,室町时代)。500多年前,在据说当时统治这片土地的军阀柏原天皇在大隈国(现鹿儿岛县)担任守护神。后来,这种信仰增加了,据说村民们因神圣力量的提升而被赋予了神圣的美德。在那之后,虽然年龄不详,但据说他搬到了八幡山,八幡山。 1985 年 11 月 19 日,由于神社的恶化,包括柏田博司先生在内的建设委员会举行了新的建设活动。 2010年4月,这座神社将成为北岛神社的节松社。它作为最终公司注册成立,并一直持续到今天。初马节在农历二月初一隆重举行,附近地区的许多参拜者都熙熙攘攘,如祈福和年糕。 2010 年 11 月 吉日神社 25 周年纪念项目 米山正一 会长 富山荣三 副会长 村上俊吾 副会长 小出荣治 安藤正彦 儿玉 石工 若田喜一

米山正一位稲荷神社 由来沿革

 米山正一位 稲荷神社 は、 大己貴大神宇気茂智大神宇賀比女神 の三柱の御神霊をお祀りし、永生8年(1511年・室町時代)今を遡ること五百余年、後柏原天皇の御代に、当時この地を統治したと伝えられる武将によって守護神として大隈(現鹿児島県)の国より米山西麓の平野郷(現在の日向市大字日知屋平野)に遷座され建立されたと伝えられる。のちに信仰が高まり、村人は斉しく御神威の昂揚により御神徳を授かるとある。
 その後年代は詳ではないが、鉾島八幡山に遷り、三たび米山南麓の太平洋を眼下に、遠く大隈の国を望む現在地に遷座されたとある。
 昭和60年(1985年)11月19日には神社老朽化の為、柏田博氏をはじめとする建設委員会により、新築落慶行事が行われた。
 平成22年(2010年)4月、当神社は鉾島神社を摂社とする。末社として法人化され今日に至る。
 旧暦2月第一午の日に初午祭が厳粛に催され、招福、餅まき等がとり行われて近郷近在からの多くの参拝客で、益々賑わいをみせている。

平成22年11月吉日

神社新築二十五周年事業

米山正一位稲荷神社奉賛会
会長 富山栄蔵
副会長 村上俊吾
副会長 小出栄
会計 安藤宏
宮司 児玉正彦
石工 若田喜一

Texts

genjitsu_
2022-07-23 15:25 (530)
genjitsu_

Comments/Photos

wawa wawa 26 days

米山正一位稲荷神社 宮崎県日向市日知屋

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour