Monumento

auto-translate Hinukan (Uminchimun) Hinogami ha...

genjitsu_

2022-02-13

Tags: 米軍 泡瀬 泡瀬復興期成会 泡瀬土地区画整理事業 火之神 アジアストーン 沖縄県 沖縄市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Hinukan (Uminchimun) Hinogami has been a god worshiped by the gods of the houses since ancient times, and was revered as a god to protect the houses in posterity, and later the god of Munchu. , The god of the village (Mura), the god of Majiri, and the highest guardian god of Ryukyu Kingdom, the god of the Shuri royal government from the Sho Shin era. became. There is a Hinogami Festival that sends the ascension of Hinogami on December 24th of the lunar calendar and celebrates it on January 4th of the following year. Before 1945 (Showa 20), Awase&39;s Hinogami had three stones lined up in a ding shape facing south on the north side of the road on the north side of Ubuga. There was an incense burner. In 1945 (Showa 20), the entire area of Awase was requisitioned by US military facilities, and the original form disappeared. Around 1983 (Showa 58), a new construction was set up at the current location during the full-scale bulking work associated with the Awase land readjustment project. August 31, 2002 Awase Reconstruction Period Association Built here to commemorate the 100th anniversary of the founding of Awase Village August 31, 2002 Awase Reconstruction Period Association Construction ㈲ Asia Stone

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Hinukan (Uminchimun) 日神之神自古以来就是房屋之神所供奉的神,被后人尊为保护房屋的神,后来成为文丘之神、村之神(村)、真尻之神,琉球王国的最高守护神,昭信时代的首里王府之神。每年农历12月24日有日神祭,次年1月4日庆祝。 1945年(昭和20年)以前,粟濑的日神之神在乌布加北侧的道路北侧,有三块石(三物)朝南排列成丁字形,有一个香炉。 1945年(昭和20年),整个阿瓦濑地区被美军设施征用,原形消失。 1983 年(昭和 58 年)前后,在与 Awase 土地整理项目相关的全面散装工程期间,在当前位置建立了新建筑。 2002 年 8 月 31 日 Awase 重建时期协会 为纪念 Awase 村成立 100 周年而在此建造 2002 年 8 月 31 日 Awase 重建时期协会 建设 ㈲ 亚洲石

拝所 火之神(ヒヌカン)(御三物(ウミンチムン))

火之神 は古来、家々の竈(かまど)に祭られる神で、後世、家を守る神として尊信され後に門中(ムンチュウ)の神、村(ムラ)の神、間切(マジリ)の神、更に尚真王代より首里王府の女性最高官聞得大君加那志の斎祭(いつきまつ)る琉球国の最高の守護神となった。旧暦12月24日に火之神の昇天を送り、翌年の旧1月4日にこれを迎える火之神祭がある。
泡瀬 の火之神は、1945(昭和20)年以前には産井泉(ウブガー)の北側の道路脇に南面して鼎形(ていがた)に並べた三箇の石(御三物)と香炉が設(しつら)えてあった。
1945(昭和20)年泡瀬全域が 米軍 施設に接収され、原形は消滅したが、1951(昭和26)年頃軍施設の一部が開放された際、泡瀬の有志によって集落跡地に仮設された。1983(昭和58)年頃 泡瀬土地区画整理事業 に伴う全面嵩上工事の際に現在地に新装設営した。

2002年8月31日
泡瀬復興期成会

泡瀬村創設百周年を記念してここに建立す
平成14年8月31日
泡瀬復興期成会
施工 ㈲ アジアストーン

Texts

genjitsu_
2022-02-16 17:09 (473)
genjitsu_

Comments/Photos

genjitsu_ genjitsu_ 6 months

#<User:0x007f040a927b28>

genjitsu_ genjitsu_ 6 months

#<User:0x007f040d55b6e0>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

genjitsu_ (2022/02/14)
Tags: 井戸 若水 湧水 飲料水 産湯 泡瀬 泡瀬復興期成会 沖縄県 沖縄市
genjitsu_ (2022/02/14)
Tags: 御嶽 泡瀬 石灰岩 泡瀬復興期成会 アジアストーン 宝形造 石祠 沖縄県 沖縄市
genjitsu_ (2022/02/14)
Tags: 米軍 泡瀬復興期成会 泡瀬土地区画整理事業 アジアストーン 沖縄県 沖縄市
genjitsu_ (2022/02/14)
Tags: 御嶽 ニライカナイ 米軍 石灰岩 泡瀬復興期成会 泡瀬土地区画整理事業 砂丘 アジアストーン 石祠 世持神 沖縄県 沖縄市