Monumento

auto-translate Awase Bijuru (shrine, torii, han...

genjitsu_

2022-02-13

Tags: ビジュル 鉄筋コンクリート 一間社流造 泡瀬土地区画整理事業 沖縄市教育委員会 高江洲義正 人造石洗出し仕上げ 沖縄県 沖縄市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Awase Bijuru (shrine, torii, hand water bowl) Okinawa City designated cultural property March 27, 2009 Designated Awase Bijuru is the origin of Awase Bijuru, a new pioneer of Awase, Yoshimasa Takaesu, a spirit stone floating in the sea. It is said that it started when he found it, took it home, and worshiped it as a visual. The current Bijuru was renovated in 1938. The visit to Bijuru (Bijurumunumei) is held on September 9th of the lunar calendar, and the contents of the prayer are child safety, child-rearing, travel safety, etc. Even now, there are many worshipers from all over the world. It is a reinforced concrete structure with a girder row of 1 ken (1,820 mm), a beam ken of 1 and a half (2,800 mm), and a height of about 12 shaku (3,940 mm). The building that should be made of wood in the past is made of reinforced concrete, and the curves, columns, beams, girders, piers, doo, rafters, etc. of the roof, which are difficult to make with reinforced concrete, are carefully finished. In 1938, the old stone shrine was renovated, and the shrine building, two torii gates, lanterns, chozubachi, and inner and outer tamagaki were erected with reinforced concrete. In 1983, the precincts were expanded during the full-scale land readjustment work associated with the Awase land readjustment project, and the shrine, the first torii gate, and the second torii gate were relocated by raising them by four shaku, and a new lantern was built. , Tamagaki was renovated. The Chozuya was completed in September 1986. The designated targets are the shrine, two torii gates, and a chozubachi that were renovated and built in 1938. They are valuable for knowing the building technology of the time. Okinawa City Board of Education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Awase Bijuru(神社,鸟居,手水碗)冲绳市指定文化财产2009年3月27日指定Awase Bijuru是Awase的新先驱Awase Bijuru的起源,Yoshimasa Takaesu,一种漂浮在海中的灵石。当他找到它时,它就开始了,把它带回家,并把它当作视觉来崇拜。现在的 Bijuru 于 1938 年进行了翻新。拜朱鲁(Bijurumunumei)于农历9月9日举行,祈福内容为儿童安全、育儿、出行安全等。即使是现在,也有许多来自世界各地的信徒。它是钢筋混凝土结构,梁排为 1 间(1,820 毫米),梁排为 1 个半(2,800 毫米),高度约为 12 尺(3,940 毫米)。过去应该用木头做的建筑都是用钢筋混凝土做的,而用钢筋混凝土很难做的屋顶的曲线、柱子、梁、梁、墩、斗、椽子等都是用心做的。完成的。 1938年对旧石制神社进行了整修,用钢筋混凝土架设了神社建筑、两个鸟居、灯笼、长头八、内外玉垣。 1983年,在与阿瓦濑土地整理事业相关的全面土地整理工作中扩大了辖区,将神社、第一鸟居和第二鸟居抬高了四尺,并安装了新灯笼。建成。,玉垣进行了翻新。 Chozuya于1986年9月完工。指定目标是神社、两个鸟居门和一个于 1938 年翻新和建造的长头町。它们对于了解当时的建筑技术很有价值。冲绳市教育委员会

泡瀬ビジュル(社殿、鳥居、手水鉢)
沖縄市指定文化財 平成21(2009)年3月27日指定

 泡瀬 ビジュル の由来については、泡瀬の新規開拓者である 高江洲義正 が、海に浮かぶ霊石を見つけて持ち帰り、ビジュルとして祀ったのがはじまりといわれている。現在のビジュルは、昭和13年に改修されたものである。ビジュル参詣(ビジュルムヌメー)は旧暦9月9日に行われ、祈願の内容は子安、子育て、旅の安全などである。現在でも各地からの参拝者がたえない。

 桁行1間(1,820mm)、梁間1間半(2,800mm)、高さ約12尺(3,940mm)の 一間社流造 り、 鉄筋コンクリート 造、 人造石洗出し仕上げ である。従来木造とすべき建物を鉄筋コンクリート造りとし、鉄筋コンクリート造りでは難しい屋根の曲線や円柱、梁、桁、貫、斗、垂木などを丁寧に仕上げてある。

 昭和13(1938)年に旧石の祠を改修し、社殿と2基の鳥居、灯籠、手水鉢、内外玉垣を鉄筋コンクリートで建立した。
 昭和58(1983)年、 泡瀬土地区画整理事業 にともなう土地の全面嵩上げ工事の際に境内を拡張し、社殿と一の鳥居、二の鳥居はそれぞれ四尺嵩上げして移設、一の灯籠を新設、玉垣を改修した。また、手水舎は、昭和61(1986)年9月に竣工した。
 指定対象は、昭和13年に改修、建立された社殿と2基の鳥居、手水鉢である。それらは、当時の建築技術を知る上で貴重である。

沖縄市教育委員会

Texts

genjitsu_
2022-02-18 11:09 (623)
genjitsu_

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

ogaworks (2018/04/15)
Tags: 泡瀬復興期成会 泡瀬ビジュルの由来 あせ島 あわす小離 樊氏高江洲 筑登之親雲上 義正 ビジユル神 ビジュル神信仰 泡瀬土地区画整理事業 沖縄県 沖縄市
genjitsu_ (2022/02/14)
Tags: 沖縄県 沖縄市
genjitsu_ (2022/02/14)
Tags: 泡瀬復興期成会 泡瀬村 泡瀬ビジュル 社務所 當眞哲雄 can設計 柘島建設 沖縄県 沖縄市
ogaworks (2018/04/15)
Tags: 第二次世界大戦 泡瀬土地区画整理事業記念碑 米軍の軍用地 小渡三郎 泡瀬住宅地 塩田跡地 公有水面埋立地 泡瀬復興期成会 沖縄県 沖縄市