Monumento

auto-translate Yomoyama story of Unzaki Santoka...

wawa

2021-07-26

Tags: 良寛 種田山頭火 妻入りの街並景観推進協議会 新潟県 出雲崎町

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Yomoyama story of Unzaki Santoka and Ryokan After a trip to the rough sea, in May 1945, there was a traveling priest who wandered around this town. Even though he is a traveling priest, he looks like a beggar like the old days of Ryokan. This person, who continues his wandering journey by copying himself to the borderline of Ryokan and the traces of Basho, was Taneda Santoka, who has been in the limelight for his solitary literature and selfless life in recent years. Taneda Santoka The characters of the heart that are familiar to the Buddha&39;s heart are written in the sky May 30, 1945 Cityscape Promotion Council with Tsumairi

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Unzaki Santoka 和旅馆的 Yomoyama 故事 1945 年 5 月,在波涛汹涌的大海上旅行后,有一位旅行的牧师在这个小镇上闲逛。虽然是旅居的神父,但看起来就像过去旅馆的乞丐一样。这个将自己复制到旅馆的边缘和芭蕉的踪迹,继续他的流浪之旅的人,就是近年来因孤独的文学和无私的生活而备受瞩目的种田三华。 Taneda Santoka 天上写着佛心所熟悉的心字 1945 年 5 月 30 日 城市景观推进委员会与津麦里

出雲崎よもやま話 山頭火と良寛

荒海へ 脚投げ出して 旅のあとさき

昭和11年の5月、此の町をあてどなくさまよふ一人の旅の僧がありました。
旅の僧と云ってもその姿は将に昔日の 良寛 さながらの乞食姿でありましだ。
良寛の境涯と芭蕉のふみ跡にその身を写して流浪の旅を続けるこの人こそ、近年に至りその孤高の文学と無我の人生に脚光を浴びせられた、 種田山頭火 でありました。

種田山頭火
あらなみをまへに
なじんでゐた仏
おもひつめたる
心の文字は空に書く
昭和11年5月30日

妻入りの街並景観推進協議会

Texts

genjitsu_
2021-09-01 10:52 (242)
genjitsu_

Comments/Photos

wawa wawa about 1 month

出雲崎町よもやま話 山頭火と良寛 道の駅 越後出雲崎天領の里 新潟県三島郡出雲崎町尼瀬

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2021/07/26)
Tags: 尼瀬 石油 1891 ドレーク井記念公園 新潟県 出雲崎町
wawa (2021/07/26)
Tags: 江戸幕府 1598 出雲崎町 大久保石見守 佐渡奉行 佐渡鉱山 鶴子銀山 相川金銀山 小木港 出雲崎 御用 信濃路 新潟県 出雲崎町
wawa (2021/07/23)
Tags: 芭蕉 北前船 天領 獄門跡 出雲崎宿 妻入りの街並 新潟県 出雲崎町
wawa (2021/07/26)
Tags: 良寛 神官 名主 1758 出雲崎町 石井神社 谷口吉郎 新潟県 出雲崎町