Monumento

auto-translate Treasure of the region Kyukanso ...

wawa

2021-07-26

Tags: 明治天皇 1945 1888 1859 行在所 聖蹟 長屋門 廻船業 石油 内藤家 石地 内藤久寛 日本石油 石地地区コミュニティ振興協議会 新潟県 柏崎市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Treasure of the region Kyukanso [Owned by the Tanofujioka Wide Area Municipal Area Promotion Maintenance Association, Gunma Prefecture] Naito family and Nagayamon The Naito family has been in the shipping industry since the Edo period. ), And was so famous that it was called "Naito of Ishiji" nationwide. It is this "Nagayamon" that tells the prosperity of those days. Why was the Naito clan, a commoner, able to build the "Nagayamon", which was only allowed by the daimyo? You can learn about the power of the Naito family, who had deep ties with various daimyo. Japanese oil king "Hisahiro Naito" The 12th owner of the Naito family is "Hisahiro Naito" Ansei 6-Showa 20 (1859-1945) 86 years old. In 1888, he became the first president of Nippon Oil Co., Ltd. (* Note 1) by establishing the "Limited Liability Nippon Oil Company". He has served as a member of the Niigata Prefectural Assembly, a member of the House of Representatives, and a member of the House of Lords, and has made a great contribution to the local stone land. Ishiji Anzaisho In the 11th year of the Meiji era, when the Emperor Meiji traveled to Hokuriku, he stopped by the Naito clan. The room "Ishiji Gyosho", which was rested at this time, was designated as "Meiji Emperor Seiseki" in 1945 by the notification of the Ministry of Education at that time. The "Ishiji line location" is still preserved in its original form. * Note 1: Current "ENEOS" * Some photos provided "Ayumi of Petroleum Editorial Committee" Produced and supervised by Ishiji District Community Promotion Council

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 地区的宝物 久观庄【群马县田野藤冈广域市振兴协会拥有】内藤家和长谷门 内藤家从江户时代起就从事航运业。),因此被称为“石治的内藤”全国。正是这个“长屋门”讲述了当时的繁荣。为什么平民内藤氏能够建造只有大名允许的“长屋门”?您可以了解与各种大名有着深厚联系的内藤家族的力量。日本石油大王“内藤久博” 内藤家第12代主人是“内藤久博”安政6-昭和20(1859-1945)86岁。 1888年,他通过成立“有限责任日本石油公司”成为日本石油公司(*注1)的第一任总裁。他曾担任新泻县议会议员、众议院议员、上议院议员,为当地的石地做出了巨大的贡献。石治安济正 明治11年,明治天皇前往北陆时,被内藤家拦住。 1945 年,当时的文部省通知将当时休息的房间“石治行所”指定为“明治天皇圣石”。 “石路线位置”还保留着原来的样子。 *注1:当前“ENEOS” *部分照片提供“石油编辑委员会的Ayumi”由石路地区社区振兴会议制作和监督

地域の宝 久寛荘(きゅうかんそう) 【群馬県多野藤岡広域市町村圏振興整備組合所有】

内藤家(ないとうけ)と長屋門(ながやもん)
 内藤家 は江戸時代より 廻船業 (かいせんぎょう)を営み、全国的に「 石地 (いしじ)の内藤」と言われる程有名でした。
当時の繁栄を物語るのがこの「 長屋門 」です。
 庶民である内藤家が、大名格にしか許されなかった「長屋門」を何故建てる事が出来たのか。
諸大名とも深い繋がりを持っていた内藤家の実力を伺い知る事が出来ます。

日本の 石油 王「 内藤久寛 (ないとうひさひろ)」
 内藤家の12代当主が「内藤久寛」安政6年~昭和20年( 18591945 ) 享年86才。
一時家運が衰えた内藤家を盛り上げ、 1888 年、 日本石油 (※注1)の前進「有限責任日本石油会社(ゆうげんせきにんにほんせきゆかいしゃ)」を興して初代社長となります。
 新潟県議会議員、衆議院議員、貴族院議員を歴任し、郷土石地の為に多大な貢献をしました。

石地 行在所 (いしじあんざいしょ)
 明治11年、 明治天皇 が北陸を行幸(ぎょうこう)された際、内藤家に立ち寄られました。
 この時休息された部屋「石地行在所」が、昭和11年、当時の文部省告示によって「明治天皇 聖蹟 (めいじてんのうせいせき)」として指定されました。
「石地行在所」は、現在も当時のままの形で残されています。

※注1:現「ENEOS エネオス」
※一部写真提供「石油のあゆみ編集委員会」

製作・監修 石地地区コミュニティ振興協議会

Texts

genjitsu_
2021-09-10 14:02 (659)
genjitsu_

Comments/Photos

wawa wawa about 1 month

久寛荘 新潟県柏崎市西山町石地863

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2021/07/23)
Tags: 芭蕉 北前船 天領 獄門跡 出雲崎宿 妻入りの街並 新潟県 出雲崎町
wawa (2021/07/26)
Tags: 尼瀬 石油 1891 ドレーク井記念公園 新潟県 出雲崎町
wawa (2021/07/26)
Tags: 良寛 種田山頭火 妻入りの街並景観推進協議会 新潟県 出雲崎町
wawa (2021/07/26)
Tags: 江戸幕府 1598 出雲崎町 大久保石見守 佐渡奉行 佐渡鉱山 鶴子銀山 相川金銀山 小木港 出雲崎 御用 信濃路 新潟県 出雲崎町