Monumento

auto-translate The history of Higashida blast f...

wawa

2019-11-21

Tags: 明治維新 日清戦争 ドイツ アメリカ イギリス 東田第一高炉 富国強 殖産興業 欧米列強 産業の米 国防の基 製鉄所 勝利 高炉 産業技術史 福岡県 北九州市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate The history of Higashida blast furnace I After the Meiji Restoration, Japan, which had been delayed in modernization, is a strong country that cannot beat the Western powers of the United Kingdom, the United States, etc. Aimed at making. However, “industrial rice” and “base of national defense”: Japan does not have a full-fledged steel mill that produces iron, so most of the necessary iron was imported. Although the Sino-Japanese War that occurred in 1894 ended somehow in the following year, the government was made aware of the necessity of iron making in its own country. We decided to build a government-operated steelworks in Hachiman-mura, Onga-gun, Fukuoka (currently Hachiman-ku, Kitakyushu City). However, it was impossible to construct a steelworks with our technology at that time. Therefore, the government invited engineers from Germany, a developed country, and after 4 years of construction, on February 5, 1901, the Higashida Daiichi Blast Furnace was fired for hope. It was a historic day when Japan took the first step toward a modern state. Since then, blast furnaces have been built one after another in the Higashida and Dooka areas, and the largest steel mill in Japan has supported the modernization of Japan. The symbolic place is the Higashida Daiichi Blast Furnace Ruins. The current Higashida Daiichi Blast Furnace was newly created by increasing the size of the previous blast furnace in 1962, and continued to produce iron for the next 10 years. This blast furnace was built as the first high pressure blast furnace in Japan to take pig iron out by applying pressure to the inside of the blast furnace, and was a pioneer in today&39;s ultra high pressure blast furnace era. did. History of Kotoun Topy Car Blast Furnace Type Kikuoka Kaiyoko and Higashida Daiichi Blast Furnace © WAWA

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 东田高炉的历史I明治维新后,现代化进程被推迟的日本是一个强大的国家,无法击败英国,美国等西方国家。旨在制作。但是,“工业大米”和“国防基础”:日本没有生产铁的成熟钢厂,因此大部分必需的铁都是进口的。尽管1894年发生的中日战争在第二年以某种方式结束了,但政府却意识到自己国家炼铁的必要性。我们决定在福冈恩加郡八man村(现北九州市八man区)建造政府经营的钢铁厂。但是,当时用我们的技术建造钢厂是不可能的。因此,政府邀请了发达国家的德国工程师,经过4年的建设,东田第一热风炉于1901年2月5日着火。日本迈向现代国家的第一步是历史性的一天。从那时起,在东田和冈冈地区相继建造了高炉,日本最大的钢铁厂也为日本的现代化提供了支持。象征性的地方是东田第一日高炉遗址。当前的Higashida Daiichi高炉是1962年通过增加以前的高炉尺寸而创建的,并在接下来的10年中继续生产铁。该高炉是日本第一台通过对高炉内部施加压力而将生铁带出的高压高炉,是当今超高压高炉时代的先驱。是的Kotoun Topy汽车高炉类型的历史Kiokoka Kaiyoko和Higashida Daiichi高炉©WAWA

東田第一高炉 の歴史
The history of Higashida blast furnace I

明治維新 後、近代化の遅れていた日本は「富国強 兵」「殖産興業 」を合い言葉に、
イギリスアメリカ などの欧米列強 に負けない強い国づくりを目指しました。
ところが、「産業の米 」「国防の基
:いわれる鉄をつくる本格的な製鉄所 はわ
が国にはなく、必要な鉄のほとんどを輸入にたよっていました。
明治27年(1894) に起こった日清戦争 は、翌年何とか勝利 終結したものの、自
国での鉄づくりの必要性を痛感させられた政府は、同30年(1897) 産炭地を背
後に控えた福岡県遠賀郡八幡村(いまの北九州市八幡東区)に、官営製鐵所を建
設することにしました。
しかし、わが国の当時の技術では製鉄所の建設は不可能でした。そこで政府は
先進国のドイツ から技術者を招き、4年間の工事の末、明治34年(1901)2月5日、
国運をかけた東田第一高炉 に希望の火が入りました。日本が近代国家へ第一歩
を踏み出した歴史的な日でした。
その後、東田地区、洞岡地区に相次いで高炉が建設され、国内最大
る製鉄所は、わが国の近代化を支えてきました。
そのシンボル的な場所が、東田第一高炉跡です。
現在の東田第一高炉は昭和37年(1962)それまでの高炉を大型化し新たにつ
くられたもので、その後10年間、鉄をつくり続けました。この高炉は、ごの中に圧
力をかけて銑鉄を取り出すわが国初の高圧高炉として建設され、今日の超高圧
高炉時代の先駆けとなったもので、産業技術史 からみても画期的な高炉でした。
こくうん
トーピートカー
高炉型
くきおか
はい
こ与
東田第一高炉の歴史
こうあつこうろ
さんぎょうぎじゅつし
©WAWA

Texts

wawa
2019-11-21 20:33 (0)
wawa
monumento
2019-11-21 20:30 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa over 1 year

東田第一高炉跡  福岡県北九州市八幡東区東田2丁目3−12

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2019/11/20)
Tags: 世界遺産 博物館 東田第一高炉 史跡広場 官営八幡製鐵所 旧本事務所 北九州イノベーションギャラリー スペースワールド駅 スペースワールド 北九州市立いのちのたび博物館 福岡県 北九州市
wawa (2019/11/20)
Tags: 小倉城 周辺案内図 福岡県 北九州市
wawa (2019/11/21)
Tags: 文豪 森鷗外 文学碑 小説 陸軍 第十二師団 軍医部長として小倉に滞在しました 生誕百年 独身 鶏 二人の友 福岡県 北九州市
wawa (2019/11/20)
Tags: 廃藩置県 小倉県庁跡 西海道鎮台 小倉県庁 福岡県 北九州市