Monumento

auto-translate Shrine shrine Travel place This ...

2019-02-06

Tags: 神社 古墳 平安時代 醍醐天皇 天児屋根命 円墳 延喜式内社 大阪府 茨木市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Shrine shrine Travel place This is a shrine of Abun Shrine located about 1.5 km north of here. A shrine is a place where a shrine of mikoshi from the main shrine will stay for a while during the festival of the shrine. Akuta Shrine is one of the in-house companies listed in the god name book of the "Yuki ceremony" compiled by the life of Emperor Daigo in the Year of the Heian period 5 years (1995) It is said that it came to this place and worshiped the ancestor of the roof of the roof of the Amagi as the shrine. In the Meiji 4 - year (1988), Muneyuki Shrine (Shikaishi Shrine) of Okura - yama was assimilated. In the event festival of Abosh Shrine to be held on March 3rd and 4th every year, "Shrimp Moss and Futon Taiko" go around Azuchi · Ehara area and take a rest at this travel agency. Also from here about a hundred meters north, there is Teijin&39;s Osaka Research Center, but within this research center is a circular tomb built around the 6th century, holding a side-hole type stone room, its inside There is "Oohara Kofun" where the house style combination sarcophagus and the house-shaped bowl-shaped sarcophagus are placed. --- Shrine Nobuki ceremonial company Tumulus

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 神社神社旅游胜地这是一个位于阿布神社的神殿,位于这里以北约1.5公里处。在神社的节日期间,神社是主神社的神社将停留一段时间的神社。 Akuta Shrine是在平安时代5年(1995年)由Da Da皇帝的生活编制的“Yuki仪式”的神名书中列出的内部公司之一据说来到这个地方,并且作为神社崇拜天城屋顶的祖先。在明治4年(1988年),大仓山的木之神社(Shikaishi Shrine)被同化了。在每年3月3日和4日举行的Abosh Shrine节日活动中,“Shrimp Moss and Futon Taiko”将在Azuchi·Ehara地区四处游览,并在这家旅行社休息。从这里向北大约一百米处有帝人的大阪研究中心,但在这个研究中心内是一座建于公元6世纪的圆形墓穴,内有一个侧孔式石室,里面有有“大原Kofun”,其中放置了家庭式组合石棺和房屋形状的碗形石棺。 --- Shrine Nobuki礼仪公司古墓

阿為神社御旅所
 ここは、ここから約一・五km北にある阿為神社の御旅所です。
 御旅所とは、神社の御例祭の際に、本宮から出た神輿がしばらく仮に
とどまる所です。
 阿為神社は、平安時代 の延喜五年(九〇五年)、醍醐天皇 の命により
編纂された「延喜式」の神名帳に記されている式内社のひとつで
中臣藍連が初めてこの地に来て、祖先である天児屋根命 を氏神として
祀ったのが始まりだといわれています。明治四一年(一九〇八年)には、
手久良山の幣久良神社(式内社)を合祀されました。
 毎年五月三・四日に行われる阿為神社の御例祭の際には「神輿とふとん
太鼓」が安威・耳原地区をまわり、この御旅所で休息をとります。
 またここから約一〇〇m北へ行きますと、帝人(株)大阪研究センターが
ありますが、この研究センター内に、六世紀頃に造られた円墳 で、
横穴式石室を持ち、その内部に家形組合せ式石棺と家形刳抜き式石棺が
安置されている「耳原古墳」があります。
---
神社 延喜式内社 古墳

Texts

2019-02-06 15:20 (0)
tokada
monumento
2019-02-06 15:16 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

tokada (2019/03/06)
Tags: 西国街道 道標 auto-translate 大阪府 茨木市
yaonyaosuke2 (2014/09/06)
Tags: 西国街道 五街道其他分間見取延絵図 茨木市教育委員会 江戸時代 auto-translate 五街道 脇街道 大阪府 茨木市
tokada (2019/02/06)
Tags: 織田信長 中川清秀 荒木村重 池田勝正 伊丹親興 和田惟政 大阪府 茨木市
tokada (2019/02/06)
Tags: 天照皇大神 神社 西国街道 平安時代 醍醐天皇 紫式部 延喜式内社 摂津名所図絵 速素戔嗚尊 豊受皇大神 大阪府 茨木市