Monumento

auto-translate The shrine shrine · Kumigasaka O...

2019-01-29

Tags: 天照皇大神 神社 西国街道 平安時代 醍醐天皇 紫式部 延喜式内社 摂津名所図絵 速素戔嗚尊 豊受皇大神 大阪府 茨木市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate The shrine shrine · Kumigasaka Ota shrine is one of the shrines in the god name book of the "Yuki ceremony" compiled by the life of the Emperor Daigo at the Year 5 Year of the Heian period (1995). Heavenly Emperor Ogami, Shimonoseki Takashi, Yutaka Emiko Ogami was enshrined, becoming a village company in the Meiji 5 year. In the precincts of about 64 square meters, in addition to the main hall, hall of worship, stone lanterns, etc., there are also Tenjin Shrine and Inari shrine as precincts company. This slope that descends from east to west is called "Kumigasaka". The idea of this name is "Oriental village, Ota village, Taro Ota Okita here in Otada village, thinking of cloudiness here, considering the cloudiness, deciding the win and loss of the army place" Taro Ota said to have built a castle is said to have judged the weather and how to play the battle, looking at the movement of the sky clouds. Also, there used to be a big stone in front of this slope, it is said that purple club was sitting on this and looked at Katsuoji mountain in the west from here. Ibaraki Municipal Board of Education --- Shrine Nobuki ceremonial company Saiboku way

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 靖国神社·Kumigasaka Ota神社是平安时代(1995年)由Da Da皇帝的生活编制的“Yuki仪式”的神书中的神社之一。天上大皇Ogami,下关隆,Yutaka Emiko Ogami被供奉,成为明治5年的村庄公司。在大约64平方米的区域,除了正殿,礼拜堂,石灯笼等,还有天神神社和稻荷神社作为区域公司。从东到西下降的这个斜坡被称为“Kumigasaka”。这个名字的想法是“东方村,太田村,太田太郎太田太郎,在这里考虑到云雾,决定军队的胜利与失败”太郎太郎据说已经建造了一座城堡,据说已经判断了天气以及如何发挥作战,看着天空云层的运动。此外,这个斜坡前面曾经有一块大石头,据说紫色的俱乐部正坐在这里,从这里看西边的Katsuoji山。茨城市教育委员会--- Shrine Nobuki礼仪公司Saiboku方式

太田神社・雲見坂

太田神社は、平安時代 の延喜五年(九〇五年)に醍醐天皇
の命により編纂された「延喜式」の神名帳に記されている
神社のひとつです。天照皇大神速素戔嗚尊豊受皇大神
を祀っており、明治五年に村社になりました。約六四四坪
の境内には、本殿・拝殿・石燈籠などのほか、境内社として、
天神社・稲荷神社もあります。
 また、東から西へ下るこの坂道は、「雲見坂」と呼ばれ
ています。
 この名のいわれは、『摂津名所図絵 』に、「太田村にあり、
太田太郎頼基ここにて天文を見て雲気を考え、軍の勝敗を
さとりし所といふ」とあることから、太田城を築いたとい
われる太田太郎頼基が、空の雲の動きを見て、天気や戦の
やりかたを判断したといわれることからです。
 また、かつてこの坂の上の方に大きな石があって、これ
紫式部 が腰を掛けて、ここから西の方にある勝尾寺山を
眺めたともいわれています。

  茨木市教育委員会
---
神社 延喜式内社 西国街道

Texts

2019-02-06 15:13 (0)
tokada
monumento
2019-02-06 15:08 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

tokada (2019/02/08)
Tags: 西国街道 道標 大阪府 茨木市
yaonyaosuke2 (2014/09/06)
Tags: 西国街道 五街道其他分間見取延絵図 茨木市教育委員会 江戸時代 auto-translate 五街道 脇街道 大阪府 茨木市
tokada (2019/03/06)
Tags: 西国街道 道標 auto-translate 大阪府 茨木市
tokada (2019/02/06)
Tags: 神社 古墳 平安時代 醍醐天皇 天児屋根命 円墳 延喜式内社 大阪府 茨木市