Monumento

貴布祢神社

2017-03-16

タグ: 神社 応神天皇 戸田氏鉄 阪神淡路大震災 貴船神社 尼崎城 兵庫県 尼崎市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 布 祢 神 社 御 御 御 The Company is a traditional old company with a tradition that was dedicated to the land of Nagasu as the guardian deity of the maritime division in the era of Emperor Shinjin. Today there is a noble clothing company in that Choshu. Since the historical documents were destroyed and destroyed by the fire of Genroku six years (1693) and culture 13 years (1816), including the Great Flood of the first sentence of Tatamukuri (1501), it is really difficult to explore the historical point. As the total goddess of Amagasaki, there was a stone of 800 in the entrance. Also since the Middle Ages, Amagasaki Castle owes a tremendous reverence and has served as prayer for generations. Besides the establishment of the company, we were burdened with festival expenses, etc, and were sitting on former Amagasaki castle inside Sannaru. When Mr. Toda made a remodeled castle in Motohiro 3 years (1615), he went to Shiodome, then entered the current company in Masanori 5 (1715). In the war damage of June 15, 1950, burned down buildings and old records of 24 large and small buildings, such as the magnificent shrine founded in 18215 in the eighth year of Civil Service (18215). The current shrine was reconstructed in July of 1945 in advance of the Hanshin war damaged shrine. In the Great Hanshin Awaji earthquake that occurred on 17th January, 1995, Otorii collapsed, and south gate, which is a building before the war, was damaged. Otorii rebuilt in steel plate in December Heisei 8, South Gate regained its original form by restoration work such as roof tile roof replacement. And in Heisei 14 years repair was done such as roof replacement of the company &39;s roof. Currently as a civic unity, the guardian deity of industrial development, the goddess of industrial development Amagasaki, we have received tremendous reverence from citizens and company factories. Votive Heisei 16 - November - - Shrine Kibune Shrine Empress Amagasaki Castle

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 布祢神社御御御公司是一家传统的老公司,其传统致力于长崎土地作为帝王时代海上师的守护神。今天,Choshu有一家高贵的服装公司。由于历史文件被Genroku六年(1693年)和文化13年(1816年)的火烧毁,包括Tatamukuri第一句(1501年)的大洪水,因此很难探索历史观点。作为尼崎的女神,入口处有一块800的石头。自中世纪以来,尼崎城堡一直受到极大的敬畏,并为世世代代祷告。除了公司的成立,我们还担负着节日开支等,并坐在Sannaru内的前尼崎城堡。当户田先生在东京3年(1615年)改造城堡时,他去了汐留,然后进入Masanori 5(1715)的现有公司。在1950年6月15日的战争破坏中,烧毁了24座大小建筑物的建筑物和旧纪录,例如在公务员第八年(18215年)成立于18215年的宏伟圣殿。现在的神社于1945年7月在阪神战争受损的神社之前重建。在1995年1月17日发生的阪神淡路大地震中,Otorii倒塌,战争前建筑物南门遭到破坏。 Otorii在12月平成8年的钢板重建,南门通过屋顶瓦屋顶更换等修复工作重新恢复原状。在平成14年的修复工作,如公司屋顶的屋顶更换。目前作为公民团结,工业发展的守护神,工业发展的尼崎女神,我们受到了公民和公司工厂的极大敬意。 Votive Heisei 16 - 11月 - - Shrine Kibune Shrine Empress Amagasaki Castle

貴布祢神社
御由緒
 当社は應神天皇の御代、当地海人部の氏の守護神として、
長洲の地に奉斎された伝統をもつ古大社です。その長洲に
は現在も貴布禰社が鎮座しています。文亀元年(1501)
の大洪水をはじめ、元禄六年(1693)及び文化十三年
(1816)の火災により史実の文書が散逸焼失したため
由緒の探求は誠に難しいところです。
 尼崎の総氏神にして往古には社領が八〇〇石ありました。
また中世以来、尼崎城主の崇敬篤く、代々祈願所を務めて
参りました。ご社殿の造営をはじめ、祭礼費用などを負担
され、元尼崎城内三の丸に鎮座していました。元和三年
(1615)に戸田氏鉄 が改築城を行った際、汐町に、そ
の後正徳五年(1715)に現社地に遷座しました。
 昭和二十年六月十五日戦災に遭い、文政八年(18215)
に創建された壮麗なご社殿など大小二十四棟の建造物、古
記録などを焼失しました。現在のご社殿は昭和二十五年七
月に、阪神間戦災神社に先駆けて復興されたものです。
 また平成七年(1995)一月十七日に起きました
阪神淡路大震災 では大鳥居が倒壊、そして戦前よりの建造物
である南門などが被害を受けました。大鳥居は平成八年十
二月に鋼板製にて再建、南門は、屋根瓦の葺き替えなどの
修復工事により元の姿を取り戻しました。そして平成十四
年にはご社殿銅屋根の葺き替えなど改修が行われました。
 昔と変わらず現在も市民安泰・産業発展の守護神、工都
尼崎の産土神として市民や会社工場から篤い崇敬を受けて
おります。

奉納 平成十六年十一月吉日
---
神社 貴船神社 応神天皇 尼崎城

テキスト化

2019-02-02 20:18 (0)
tokada
monumento
2019-02-02 20:11 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/31)
タグ: 神社 江戸時代 高龗神 貴船神社 賀茂別雷神 加茂御祖神 兵庫県 尼崎市
wawa (2017/06/13)
タグ: ocr-generated 兵庫県 尼崎市
wawa (2017/06/10)
タグ: ocr-generated 兵庫県 尼崎市
wawa (2017/06/13)
タグ: ocr-generated 兵庫県 尼崎市