Monumento

Otaginenbutsuji Temple

2019-01-06

Tags: auto-translate 重要文化財 平安時代 寺 奈良時代 千手観音像 天台宗 称徳天皇 延暦寺 鎌倉時代中期 火除地蔵菩薩坐像 京都府 京都市

Guide plate text

Otaginenbutsuji Temple
The temple, originally called Otagi Temple, was first built at Higashiyama Ward (Otagi District in the
past) around from 764 to 770 according to the temple history. At the beginning of Heian period (794-
1192), the temple building was washed away when the Kamo River flooded. It was reestablished by
Senkan Naigu (918-984), a priest trom Mt. Hiei in the northeast of Kyoto, so that the temple became
a branch of Enryakuji complex of the Tendai sect, named Tokakuzan Otagiin. In 1922, the temple was
transferred to this place in order to preserve the main hall.
There is a wonderful array of 1,200 carved stone figures of Rakan (disciples of Shaka, the founder
of Buddhism) made by visitors, which shows peaceful atmosphere.
The main hall was reconstructed in the middle of the Kamakura period (1192 - 1333), having the
style of Japanese architecture and enshrining the image of Senjukannon.
In the Jizo Hall, a Jizo image known as the Hiyoke Jizo Bosatsu (Jizo Bodhisattva symbolizing
protection against fire) is enshrined to protect Kyoto against tire, since the god of extinguishing fire
inhabiting Mt, Atago is a Jizo Bosatsu.
Kyoto City

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 根据Otogi Buddha Temple Ogin Nenbutsuji Temple,它是由皇帝在东奈时期由皇帝皇帝在七十六至四十七万七千里建造的东山区松原大和王子(前爱他郡)地区它始于Atagoji。在平安时代初期,由于鸭川河的洪水,Dangu被摧毁,因此,Hiei山寺,Akira Dengokudo Jukoku Chiken内部仪式被加冕,并成为Enryakuji的Tendai教派的寺庙,名为Ishikari Mountain Atagosea。在1911年(1922年),它被重新安置到这个地方以保存主厅。在这个区域,由崇拜者雕刻的1,200个雕刻的石头雕像被明确地排列,给人以和平的气氛。主要的大厅(重要的文化财产)是镰仓中期的日式建筑的代表遗骸,虽然它经常被移动和修复为单层分母函馆。在寺庙中,Honbune的Senju Kaneko形象被奉为神圣。在Jizo-do,有一个火山碎的Jizo Bodhisattva雕像,以佛教纪念卡而闻名。据说,这是源自祭祖菩萨,被认为是火神的爱神山的大陆佛像。京都市---寺

愛宕念仏寺
おたぎねんぶつじ
 寺伝によれば、奈良時代 の七六四年から七七〇
年頃、称徳天皇 により、東山区松原通大和大路
東入(旧愛宕郡)の地に建立された愛宕寺に始まる。
平安時代 の初め、鴨川の洪水により堂宇が流失し
たため、比叡山の僧・阿闍梨伝燈大法師千観内供
によって中興され、等覚山愛宕院と号する天台宗
延暦寺 の末寺となった。大正十一年(一九二二)、
本堂の保存のためにこの地に移築された。
 境内には、参拝者によって彫られた千二百体に及
ぶ羅漢の石像が表情豊かに建ち並び、和やかな雰
囲気を漂わせている。
 本堂(重要文化財 )は、方五間、単層入母屋造で、
度々移建され、補修を加えられているが、鎌倉時代中期
の和様建築の代表的遺構である。堂内には、
本尊の千手観音像 が祀られている。
 また、地蔵堂には、火之要慎のお札で知られる
火除地蔵菩薩坐像 が安置されている。これは、火
伏せの神として信仰されている愛宕山の本地仏が地
蔵菩薩であることに由来するとされる。

京都市

---

Texts

2019-01-19 14:12 (0)
tokada
2019-01-19 14:01 (1162)
tokada
monumento
2019-01-19 13:54 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2018/12/14)
Tags: 顕彰碑 塵劫記 京都府 京都市
tokada (2019/01/19)
Tags: 国宝 auto-translate 重要文化財 浄土宗 徳川綱吉 寺 阿弥陀三尊像 桂昌院 源融 釈迦如来立像 檀林皇后 京都府 京都市
tokada (2019/01/05)
Tags: 神社 垂仁天皇 京都府 京都市
wawa (2018/12/07)
Tags: 西行 竜門橋 歌詰橋 天龍寺 小倉山 京都府 京都市