Monumento

大宅一里塚

kawa_sanpo

2019/01/19

タグ: 京都市 徳川家康 大宅一里塚 道路標識 一里塚築造 徳川実記 奈良街道 京都府 京都市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Oihama Irizuka Misatozuka is a marker with a soil in the shape of a mound every 1 km (about 4 km) on both sides of the highway, which corresponds to the current road sign. It is thought that the milestone system existed before the Momoyama era, but it was seen in Tokugawa Ikkyu (1604) that Tokugawa Ieyasu ordered the construction of a milestone with repair of various highways, such as "Tokugawa Miki". Since this time the milestone was planted in the mound on the mound, and it was arranged in such a way that the location and the distance can be determined to the passersby of the highway. Milestones that were useful in the Edo era also entered the modern era, the existence value faded along with the transition of the form of transportation, and a number of mounds were removed by the widening of the road and development. The milestones that were in Kyoto city disappeared in succession in recent years, the eastern side of the highway is removed also in this mound, only this mound that existed in the west existed. This mound is a milestone of the Nara Highway that diverged from Tokaido, and enormous tree of enoki grows on the mound of about 1.8 m in height. While most of the milestones in the city have disappeared, this milestone is valuable as a transit-related remains of the Edo period, and as a valuable thing to know the form of transport at that time in 1985 It was registered as a historic site of Kyoto city on June 1. Kyoto City

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Oihama Irizuka Misatozuka是高速公路两侧每1公里(约4公里)土壤形状的土壤标记,与当前的路标相对应。据认为,在桃山时代之前存在里程碑系统,但是在德川家国(1604年)看到德川家康下令修建“德川美纪”等各种高速公路的里程碑。从那时起,里程碑被种植在土丘上的土墩上,并且它的布置方式使得位置和距离可以确定为高速公路的路人。在江户时代有用的里程碑也进入了现代时代,随着交通方式的转变,存在价值逐渐消失,随着道路和发展的扩大,一些土墩被拆除。近年来,京都市的里程碑陆续消失,高速公路的东侧也在这个土墩中被移除,只有这个西方存在的土墩存在。这个土墩是从东海道分流的奈良公路的里程碑,巨大的金针菇生长在1.8米高的土堆上。虽然这座城市的大部分里程碑都已消失,但这个里程碑作为江户时代的交通相关遗迹很有价值,并且有助于了解1985年当时的交通方式。它于6月1日被注册为京都市的历史遗址。京都市

大宅一里塚
 一里塚は、街道の両側に一里(約4㎞)ごとに土を塚状に盛った目印で、現在の道路標識 にあたるものである。
 一里塚の制は、桃山時代以前にもあったと考えられるが、慶長9年(1604)に、徳川家康 が諸街道の修理とともに一里塚築造 を命じたことが『徳川実記 』などの文献に見られる。これ以後一里塚は、塚上にエノキが植えられ、街道の通行者に位置や距離が判るように整備されたものとなった。
 江戸時代に有用であった一里塚も、近代に入り交通形態の変遷とともに存在価値が薄れ、道路の拡幅や開発などによって数多くの塚が取り除かれることとなった。
 京都市内にあった一里塚も近年次々と姿を消し、この塚も街道の東側が取り除かれ、西側にあったこの塚のみ現存している。この塚は、東海道から分岐した奈良街道 の一里塚で、高さ約1.8mの塚上にはエノキの巨樹が繁茂している。
 市内にあった一里塚のほとんどが消滅した中にあって、この一里塚は、江戸時代の交通関連の遺構として価値は高く、当時の交通形態を知るうえからも大へん貴重なものとして昭和60年6月1日に京都市の史跡として登録された。
京都市

テキスト化

tenma
2019-02-01 16:16 (0)
tenma
monumento
2019-01-19 13:38 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2018/01/09)
タグ: 通小町 深草少将 auto-translate 小野小町 39 京都府 京都市
tokada (2019/01/25)
タグ: 坂上田村麻呂 清水寺 墓所 嵯峨天皇 京都府 京都市
tokada (2019/02/17)
タグ: 神社 後水尾天皇 後小松天皇 醍醐天皇 鵜葺草葺不合尊 京都府 京都市
tokada (2019/01/12)
タグ: 豊臣秀吉 神社 有形文化財 八幡宮 神功皇后 応神天皇 仲哀天皇 醍醐天皇 応仁の乱 勧修寺 京都府 京都市