Monumento

Umenomiya-Taisha Shrine

2019-01-06

Tags: 神社 auto-translate 平安時代 奈良時代 木花咲耶姫命 大山祇神 瓊瓊杵尊 延喜式内社 嵯峨天皇 名神大社 彦火火出見尊 橘諸兄 橘氏 檀林皇后 酒解神 大若子神 小若子神 酒解子神 京都府 京都市

Guide plate text

Umenomiya-Taisha Shrine
According to tradition, this shrine was founded by the mother of Moroe Tachibana,
a politician in the Nara period (710-794), as the patron saint of the Tachibana family.
At the beginning of the Heian period, it was transferred to its present location by
Kachiko Tachibana (the Empress Danrin), wife of the Emperor Saga.
The four deities, Saketokeno-Kami, Oowakukono-Kami, Kowakukono-Kami and
Saketokekono-Kami, are enshrined here. These deities have long been well known
as easy delivery and sake-making, due to the myth in which Saketokekono-Kami,
daughter of the Saketokeno-Kami, gave birth to Kowakukono-Kami, after having
intercourse with Owakukono-Kami, and she got so delighted that she made and
drank sake.
In addition, it is considered that a woman will have babies if she steps over the
stone, called "Matage-ishi" (stone for crossing over) laid next to the main building
because the Empress Danrin, who had passed a long time without bearing a
prince, was finally blessed with a child after having straddled the stone. The white
sand below the stone is considered to be a lucky charm for easy delivery.
Its garden is famous for several types of irises, and such blossoms as plums,
double flowering cherry trees, camellia, azalea, hydrangea are also beautiful.
Kyoto City

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Miya Taisha Umamiya据说,母亲 - 女儿 - 护士Tachibana Sansei Chosa,奈良时代的政治家,是在立志町现在的神社附近建立的,位于Ideshi - machi附近。在平安时代初期,佐贺皇帝的全政府·Hashida Tomoko(皇后Danburyi)搬到现在。被钉十字架的神(Omiyama god),Ohkako God(Kotobuki Takashi),Okako God(Hiko Fire Kamigami),酒神(Kaoru Hayasaki Yayama Hime)都是众神。白酒清酒的儿子解决上帝很高兴建立一个天上的大米,做一个天堂的饮酒者,喝这个,因为年轻的神与Ohkako神一起出生一夜从它的神话来看,它很久以前就以出生和酿酒之神而闻名。此外,在被王子祝福的国王Denlin被带到了一个孩子穿过主大厅旁边的“石头石头”之后,据说如果你穿过这块石头,你将拥有一个宝藏,它下面的白色沙滩它被视为一个轻松交付的护身符。目前有主殿,礼拜堂,我们的大厅,走廊,中间门等。这些都是由于Genroku十年(1700年)的重建。除了被称为Tusuka和鸢尾花的景观,花园是梅花,双樱桃,山茶花,杜鹃花,绣球花是美丽的。京都市--- Shrine Nobuki Shikibu公司Shinjin Taisha

梅宮大社
うめのみやたいしゃ
 奈良時代 の政治家であった橘諸兄 の母・縣犬
養橘三千代が、橘氏 の氏神として現在の綴喜郡
井手町付近に創建したのが始まりといわれる。
平安時代 の始め、嵯峨天皇 の全治・橋嘉智子(
檀林皇后 )によって現在の地に移された。
 酒解神 (大山祇神 )、大若子神 (瓊瓊杵尊 )、
小若子神 (彦火火出見尊 )、酒解子神 (木花咲耶姫命
)の四座を祭神とする。酒解神の御子・酒解
子神は大若子神との一夜の契りで小若子神が生
まれたことから、歓喜して、狭名田の稲をとっ
て天甜酒を造り、これを飲んだという神話から、
古くから安産と造酒の神として有名である。
また、皇子に恵まれなかった檀林王后が、本
殿の横に鎮座する「またげ石」をまたいで子ども
を授かったことから、この石をまたげば子宝に
恵まれると伝えられ、その下の白砂は安産のお
守りとされている。
 現在、本殿、拝殿、弊殿、廻廊、中門などが
あるが、これらは元禄十年(一七〇〇)の再建
によるものである。
 庭園は、杜若や花菖蒲の名所として知られる
ほか、梅、八重桜、椿、つつじ、あじさいが美
しい。

京都市

---
神社 延喜式内社 名神大社

Texts

2019-01-19 13:34 (0)
tokada
2019-01-19 13:17 (1304)
tokada
monumento
2019-01-19 13:10 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

tokada (2019/02/12)
Tags: 神社 auto-translate 富岡鉄斎 天宇受売命 清原頼業 後嵯峨天皇 白河天皇 京都府 京都市
tokada (2019/02/02)
Tags: 臨済宗 釈迦如来 auto-translate 足利義満 応仁の乱 源実朝 酒井忠知 寺 京都府 京都市
tokada (2019/03/10)
Tags: 寺 エジソン ヘルツ 京都府 京都市
wawa (2018/12/07)
Tags: 西行 竜門橋 歌詰橋 天龍寺 小倉山 京都府 京都市