Monumento

auto-translate Yagi way is divided from Yakura ...

kawa_sanpo

2019/01/18

Tags: 草津宿 東海道名所図会 大津宿 矢橋道 鞭崎八幡宮 船代官 連歌師宗長 滋賀県 草津市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Yagi way is divided from Yakura village of Tokaido, and it is 25 train (about 2.7 km) path leading to the port of Yodobashi of a ferry to Otsu. At a branch from Tokaido, there was a store where Kusatsu specialty depicted rice is also drawn in "Tokaido Sightseeing Galleries" etc. Along the way to Yabashi port there is the Hagushima Hachimangu Shrine, and near the harbor, the mansion of ship&39;s deputy officials and boat fleet were also lined up. Between Kusatsu-in and Otsu-juku, there is a main route of Tokaido crossing Seta Bridge and a cruising cruise route extending from Yaiga to Otsu on the other side through this Yabashi-dori, which also becomes the etymology of the proverb of "hurry" It is also the place. This proverb is derived from Muyomachi era Munezo Munema&39;s "The boat in Yaiba of anonymous trees rushed so quickly that Nagahashi of Seta", and the crossing between Yabashi and Otsu seemingly ahead of the way Although it is visible, since it may be accompanied by danger, it is steady to go around Seta Bridge because it is long even if it is long, so if you hurry, I warned you to take a steady method even if it is some detour. March 2017

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 八木方式与东海道的Yakura村分开,是通往大津渡轮的Yodobashi港口的25列火车(约2.7公里)。在东海道的一个分店,有一家商店,草津特产描绘的米饭也在“东海道观光画廊”等画出。在前往Yabashi港口的途中有Hagushima Hachimangu神社,在港口附近,船舶副官员和船队的大厦也排成一列。在Kusatsu-in和Otsu-juku之间,有一条东海道穿越Seta Bridge的主干道和一条巡航游轮路线,从Yaiga到Otsu,在另一边通过这个Yabashi-dori,这也成为“快点”谚语的词源它也是这个地方。这句谚语来源于Muyomachi时代的Munezo Munema的“Yaiba中的匿名树木的船快速冲向Seta的Nagahashi”,以及Yabashi和Otsu之间的交叉似乎遥遥领先虽然它是可见的,因为它可能伴随着危险,但是它很稳定地绕着Seta Bridge,因为它很长,即使它很长,所以如果你快点,我警告你采取稳定的方法,即使它是一些绕道而行。 2017年3月

矢橋道と「急がばまわれ」
 矢橋道 は、東海道の矢倉村から分かれ、大津への渡し船の船着場・矢橋港へと至る 25 丁(約 2.7km)の道すじです。東海道からの分岐点には『東海道名所図会 』などにも描かれた草津名物うばがもちを売る店がありました。矢橋港までの道沿いには鞭崎八幡宮 があり、港付近には船代官 の屋敷や船宿も並んでいました。
 草津宿大津宿 の間は、瀬田橋を渡る東海道の本ルートと、この矢橋道を経て矢橋から対岸の大津へと渡る渡し船ルートがあり、「急がば回れ」のことわざの語源にもなったところでもあります。このことわざは室町時代の連歌師宗長 が「もののふの 矢橋の舟は早くとも 急がば回れ 瀬田の長橋」と詠んだことに由来するもので、矢橋・大津の間を渡し船は一見早道のようにみえますが、危険を伴うこともあるので瀬田橋を回るほうが距離は長くても着実であることから、急ぐのであれば、多少の遠回りでも着実な方法をとるように戒めたものです。
2017年3月

Texts

tenma
2019-02-03 16:53 (0)
tenma
monumento
2019-01-18 10:44 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2017/02/18)
Tags: 歌川広重 伊勢参宮名所図会 立場 東海道名所図会 矢倉立場 草津宿南 矢倉村 矢橋の渡し 醒睡笑 草津市指定文化財 滋賀県 草津市
kawa_sanpo (2019/01/18)
Tags: 源頼朝 足利義詮 近江八景 草津市教育委員会 最澄 草津歷史街道 矢橋道 矢橋帰帆 矢橋港 鞭崎八幡宮 石津寺 若宮権現 猿田彦神社 正光寺 滋賀県 草津市
wawa (2017/08/21)
Tags: 東海道 江戸時代 中山道 延宝 草津宿 東海道名所図会 文化 京都 草津市教育委員会 追分 行者 伊勢大神宮 草津追分 石道標 壬生村のあしだの 万宝院 山城愛宕山 愛宕神 近江名所図会 滋賀県 草津市
wawa (2017/08/21)
Tags: 東京日日新聞 東京帝国大学 立木神社 日本の新聞学研究の開拓者 小野秀雄 萬朝報 日本新聞学会 日本新聞発達史 新聞原論 かわら版物語 顕彰碑建立委員会 滋賀県 草津市