Monumento

滋賀県指定有形文化財 永源寺 山門

2019-01-06

タグ: 臨済宗 有形文化財 寺 佐々木氏頼 滋賀県 東近江市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Yago Prefecture Designated Tangible Cultural Property Eikenji Yamono Location Kanzaki gun Eikenji Town Takano Takano Designated date March 23 Heisei 12 Heisei Temple in Motoyama, Rinzai sect Eikenji school, in the first year of Kangyeong (136), Omi Guardian Sasaki Mr. Megumi began as the opening priest of Yoshimoto Motohiko, a monk of Rinzai sect. The mountain gate was raised by Kiwa 2nd year (1282) by building tags and others, and it is understood that it was Nakamura Nakamura of Masaki village of Sakata gun (present Nagahama city Nagaki-cho). The mountain gate is a five-way three-floor second floor double gate, but on the lower floor it opens without hanging the door, and on the upper floor the Buddha Buddha and the Huang Lokhan statue are settled. Stylistically, the lower floor is organized on the lower floor, the upper floor is filled with tail rafters with two hands, and the upper floor eaves are used as fan rafters, using Zen sects like flower head window with flower head window Feature. Structurally unlike usual, both the upper and lower floors are bundled with big duo on pillars other than corners, and they are subjected to the upper load. This building incorporates Zen sects with few remains in the prefecture, uses a unique structure as the late Edo period architecture, few modifications of posterity. Moreover, it is valuable as the only gateway in the prefecture, which is suitable for the mountain gate of the Zen Bonshu temple, taking the form of the double gate which is the most heavy as a gate, making it five gates. Heisei 13 years March Shiga prefectural board of education --- temple

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Yago Prefecture指定有形文化财产Eikenji Yamono位置神崎枪Eikenji Town Takano Takano指定日期3月23日平井12平成神宫,临济教派Eikenji学校,在Kangyeong(136)的第一年,Omi Guardian Sasaki惠美先生最初是临济宗的僧人吉本元彦的开幕祭司。 Kiwa第2年(1282年)通过建筑标签等提高了山门,据了解是坂田郡(现在的长滨市长崎町)的Masaki村的Nakamura Nakamura。山门是一个五层三层二楼双门,但在下层打开而不挂门,在楼上,佛像和黄罗汉雕像落户。在风格上,下层是在下层组织的,上层是用双手填充尾椽,上层屋檐用作扇形椽子,使用禅宗门,如花头窗口和花头窗口它们包括的功能。在结构上与通常不同的是,上层和下层都在除了角落之外的柱子上捆绑了大二重奏,并且它们承受上部负荷。这座建筑融合了禅宗,在县内几乎没有遗骸,采用独特的结构作为江户时代晚期的建筑,对后人的修改很少。此外,作为县内唯一的门户,它适用于禅宗盆景山的大门,以最重的双门形式作为门,使其成为五个门。平成13年3月滋贺县教育委员会---寺庙

滋賀県指定有形文化財 永源寺 山門
  所在地 神崎郡永源寺町大字高野
  指定年月日 平成十二年三月十日

永源寺は臨済宗 永源寺派の本山で、康安元年(一三六ー)に、
近江国守護佐々木氏頼 が臨済宗の僧、寂室元光を開山として
開いたのに始まる。山門は棟札などにより享和二年(一八〇二)
に上梁され、棟梁は坂田郡常喜村(現長浜市常喜町)の中村出
羽であったことがわかる。
 山門は五間三戸二階二重門だが、下階には扉を吊らずに開放
とし、上階には釈迦如来および十六羅漢像を安置する。
 様式的には組物は下階は出組、上階は尾垂木付二手先でそ
れぞれ詰組とし、上階の軒を扇垂木とするなど複雑な技法を
用い、花頭窓と共に禅宗様の特徴を備える。構造的には通例と
異なり、上下階とも隅以外の柱上の大斗に束を立て、上部荷重
を受けている。
 この建物は、県内で遺構の少ない禅宗様を取り入れ、江戸時
代後期の建築として独特な構造を用い、後世の改造も少ない。
さらに、禅宗本山寺院の山門にふさわしく、門としては最も重
厚な二重門の形式をとり、五間三戸とする県内唯一の建物と
して貴重である。

平成十三年三月
滋賀県教育委員会

---

テキスト化

2019-01-12 10:44 (0)
tokada
monumento
2019-01-12 10:32 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2017/10/05)
タグ: ocr-generated 滋賀県 東近江市
wawa (2017/10/05)
タグ: 織田信長 百済寺 安土城 滋賀県 東近江市
wawa (2017/10/05)
タグ: 織田信長 ルイスフロイス 滋賀県 東近江市
wawa (2017/10/05)
タグ: 滋賀県 東近江市