Monumento

Jakkoin Temple

2019-01-01

Tags: 豊臣秀頼 重要文化財 平家物語 寺 平清盛 安徳天皇 天台宗 聖徳太子 用明天皇 尼寺 高倉天皇 六万体地蔵尊 京都府 京都市

Guide plate text

Jakkoin Temple
This convent of the Tendai school of Japanese Buddhism is also known by its
mountain-name Seikozan and its temple name Gyokusenji. It is said that Shotoku
Taishi built the temple in 594 to embody his prayers for the repose of his father, the
emperor Yomei. The first head priest was Shotoku Taishi's wet nurse Tamateruhime,
and subsequent generations of daughters from noble families carried on its Buddhist
traditions.
In September 1185, Kenreimonin Tokuko, the daughter of military commander Taira-
no-Kiyomori and the wife of the emperor Takakura, renounced secular life and spent
the remainder of her days here praying for the souls of her son the emperor Antoku as
well as the entire Heike clan, which was wiped out at Dan-no-Ura. After those events,
the temple came to be known as the Gogankyo Palace or Takakura Oharagu. The
retired emperor Goshirakawa's visit the following year in 1186, described in the Tale of
Heike and several Noh songs, is well known as the "Ohara Pilgrimage."
The historically valuable original main building was completely destroyed by fire on
May 9, 2000. Also damaged in the blaze was the temple's main Buddhist image, the
Rokumantai Jizo. Said to be the work of Shotoku Taishi himself, the statue remains
designated as an important Cultural Asset but has been stored in a repository due to
the severity of the damage it sustained. The current main building and statue of the
Buddha, completed in June 2005, are faithful restorations of the temple as it appeared
before the fire. ・
Kyoto City

寂光院
是天台宗的尼寺。山号清香山寺号労玉泉寺。相信是至徳太子力祈祷先皇用明天皇冥福而干594年建造的。第一代住持影曽効至極。
太子乳母的玉照姫,之后, 法灯由万代貴族的公主継承。
年 1185年9月,平清盛的女ル、高や天皇的皇后建礼口院徳子坊給在伝之浦交亡徳平家一口和其子安徳天皇的祈祷冥福而出家入寺、在弦
寺度泣余生。人那以后,文里又被称为御困居御所、高金大原宮。次年1186年,后白河法皇御幸(外出)一事を平家物語及歌謡中作力有名
的大原御幸面亡対人知。
旧正殿普是珍貴的万史遺彦, 但在2000年5月期日的火災中被全部焼段,同附焼坪的逐有旧正尊 六方体地蔵尊据借是経徳太子之作。
現継狭被指定重要文物,但肉損傷泣重被放置在収蔵庫之中。現有的正殿及正尊是2005年6月接其院段之前的祥子忠英復原市成的。
京都市

寂光院
天台宗尼寺 で、山号は清香山、寺号は玉泉寺と
いう。推古二年(五九四)に、聖徳太子 が父・用明天皇
の菩提を弔うために建立したと伝えられる。初代住職
は、聖徳太子の御乳人であった玉照姫で、その後、代々
貴族の姫君らが法燈を伝えてきた。
文治元年(一一八五)九月、平清盛 の息女、高倉天皇
の皇后である建礼門院徳子が、壇ノ浦で滅亡した平家
一門と子・安徳天皇 の菩提を弔うため出家、入寺し、
終生をこの寺で過ごした。それ以来、御閑居御所、また、
高倉大原宮とも称されている。翌文治二年(一一八六)、
後白河法皇が御幸したことは、平家物語 や謡曲で有名
な大原御幸として知られている。
旧本堂は、内陣及び柱が飛鳥様式、藤原時代及び
平家物語当時の様式、また外陣は桃山様式で、慶長
八年(一六〇三)に豊臣秀頼 が修理したという歴史的に
貴重なものであったが、平成一二年(二〇〇〇)五月九日
の火災により全焼し、その姿は永遠に惜しまれるもの
となった。ともに焼損した聖徳太子の作と伝えられる
旧本尊・六万体地蔵尊重要文化財 の指定が継続され
ているが、損傷が甚だしいため、収蔵庫に安置されて
いる。現在の本堂及び本尊は平成一七年(二〇〇五)六
月に焼損前のものを基に忠実に復元されたものである。

京都市

---

Texts

2019-01-05 15:05 (0)
tokada
2019-01-05 14:57 (359)
tokada
2019-01-05 14:55 (1541)
tokada
monumento
2019-01-05 14:45 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

tokada (2019/01/05)
Tags: 豊臣秀頼 平家物語 寺 聖徳太子 建礼門院 用明天皇 後白河法皇 桃山城 重文 六万躰地蔵菩薩 高倉天皇 京都府 京都市
wawa (2018/09/15)
Tags: 鉈捨藪跡 大原寺 勝林院 法然上人 大原問答 熊谷直実 蓮生坊 京都大原里づくり協会 大原の里 京都府 京都市
tokada (2019/01/11)
Tags: 鎌倉時代 寺 融通念仏宗 良忍上人 藤原時代 重文 京都府 京都市
tokada (2018/12/30)
Tags: 国宝 阿弥陀如来 平安時代 寺 菩薩像 観音 勢至 観音菩薩 三千院 勢至菩薩 重文 大原 auto-translate 重要文化財 京都府 京都市