Monumento

auto-translate Shinji Temple Explanation Shoto ...

kawa_sanpo

2018/10/07

Tags: 浄土宗 国登録有形文化財 東大寺 天王寺 真田信繁 阿弥陀如来立像 幸村 功徳山泰陽院當信寺 青蓮社良益上人 片倉小十郎重長 片倉景広家 白石城二ノ丸 大手二ノ門 専念寺 木造入母屋造り 白石老人 阿子島彦惣家 片倉四郎兵衛守信 大八 白石市指定文化財 大坂冬の陣 遊佐勘四郎 公慶上人 auto-translate 1746 1597 39 1656 1774 如意輪観音 宮城県 白石市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Shinji Temple Explanation Shoto Tokuyama Taisoyoin Yoshinobu Temple Keicho 2 (1597), Aosan Shrine beneficiary It is a Jodo sect temple opened by a superior. In the 2nd year of the second calendar (1656), Kotakura Kojuro has given 501 sentences of knowledge from heaven. I have a fire in Yasunaga 3 (1774). It is a family temple of Katakura Keihiro (Kotori Katakura &39;s uncle of Jing Guo). Yamaemon (Shiroishi Castle Ninomaru giant Ninomon) · Country registered tangible cultural property It is a three-story two-story gate which is one detached house. Originally Shiroishi Castle Ninomaru was a major diver, but when Shiroishi castle was dismantled, after the Meiji era 7, it was paid to the city&39;s principal temple and it was relocated. After that, when opening the Tohoku Main Line of Meiji 20, it was transferred to Toshinji Temple. It is one of the few buildings related to Shiraishijo. Main hall / country registration tangible cultural property wooden building main building is the main building of the goddess of 7 and half girders and between the girder 6, the roof has been changed several times, but the oldest tile is "Tenpoji 2" I have an inscription. Decoration of flow direction facing front shows the features of the latter period of the Edo period. Tomb of Shiraishi old man In the early days of the Edo period, a strange old man like Sennin stayed at Kashiwo house of Shiraishi castle under the Shiroishi castle, with no living country or age unknown. The old man was Wakatake Hyakkei, he was devoted to everything, respected by people, he died at the age of 107. There is also the theory that it was a warlord famous for the Koshu Takeda family. The grave of the daughter of Shinhya Sanada (Yukimura) of the grave of Asum is a statue of Wisdom Raccoon. It is relocating to your current location for park land construction around 1954. Next to that there is a grave of Shiichi Katakura Miyoe Morinobu (Daehachi). The god Buddha Amitabha Nyorai Statue · Shiroishi City Designated Cultural Property Temple is a statue of Buddha brought back by Yusa Kanjiro in Katakura Family from Tennoji that was fighting during the Osaka Winter campaign. It is estimated that it is a work of the Muromachi period from the north-south morning. The height is 157 cm. It was repaired by Meiji 38 Buddhist Sato Seigoro. Amitabha Nyorai Standing Style of Todaiji Temple It was produced in connection with the Great Buddha Repair Recommendation of the public Keio (1648 - 1705) who contributed to the rebuilding of Todaiji in Nara. The height is 42 cm. In the record of the temple, it is said that Yoshimi Iwanosuke donated 3 years (1746) in extension.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 真嗣寺说明Shoto Tokuyama Taisoyoin Yoshinobu Temple Keicho 2(1597),Aosan Shrine受益者是由上级开设的净土宗寺。在第二个历法的第二年(1656年),Kotakura Kojuro从天堂获得了501个知识句子。我在Yasunaga 3(1774)发生火灾。它是Katakura Keihiro(Kotori Katakura的Jing Guo叔叔)的家族庙宇。 Yamaemon(白石城Ninomaru巨人Ninomon)·国家登记的有形文化财产是一栋三层的两层大门,是一栋独立的住宅。原来白石城Ninomaru是一个主要的潜水员,但是当白石城堡被拆除后,在明治时代7之后,它被支付给了城市的主要寺庙并且被重新安置了。之后,在开放明治20的东北干线的时候,被转移到东信寺。它是与Shiraishijo相关的为数不多的建筑物之一。主要大厅/国家登记有形文化财产木制建筑主楼是7和半梁女神的主楼,在大梁6之间,屋顶已经多次改变,但最古老的瓷砖是“天宝寺2”我有一个铭文。面向前方的流动方向的装饰显示了江户时代后期的特征。白石老人的墓在江户时代的早期,像Sennin这样的陌生老人住在白石城下的白石城的Kashiwo家,没有生活的国家或年龄不明。这位老人是Wakatake Hyakkei,他致力于一切,受到人们的尊重,他在107岁时去世。还有一个理论认为,这是一个以Koshu Takeda家族而闻名的军阀。 Asum坟墓的Shinhya Sanada(Yukimura)的女儿的坟墓是智慧浣熊的雕像。它将在1954年左右搬迁到您当前的公园土地建设地点。旁边有Shiichi Katakura Miyoe Morinobu(Daehachi)的坟墓。神佛阿弥陀佛Nyorai雕像·白石市指定文化财产寺是由大阪冬季运动期间战斗的天王寺的片仓家族的Yusa Kanjiro带回来的佛像。据推测,这是从南北早晨开始的室町时代的作品。高度为157厘米。它由明治38佛教佐藤赛高修复。东大寺的阿弥陀佛Nyorai站立风格它是与公众京王(1648-1705)的大佛修复建议有关而产生的,他为奈良的东大寺重建做出了贡献。高度为42厘米。在寺庙的记录中,据说Yoshimi Iwanosuke捐赠了3年(1746年)延期。

當信寺説明板
功徳山泰陽院當信寺
慶長2年(1597 )、青蓮社良益上人 によって開山された浄土宗 の寺院である。明暦2年(1656 )に片倉小十郎重長 から501文の知行が与えられている。安永3年(1774 )に火事に遭っている。片倉景広家 (片倉小十郎景綱の叔父)の菩提寺である。

 山門(白石城二ノ丸大手二ノ門)・国登録有形文化財
三間一戸の2階建の門である。もともと、白石城二ノ丸大手二ノ門 であったが、明治7年以降の白石城解体、払い下げの時、市内の専念寺 に払い下げ、移築された。その後、明治20年の東北本線開通の時、當信寺へ移築されたものである。白石城ゆかりの数少ない建築物である。

本堂・国登録有形文化財
木造入母屋造り の本堂である 身舎は桁行7間半、梁間6間の規模である、屋根は数度葺き替えられているが、最も古い瓦には「天保二」の刻書がある。正面の流れ向拝の装飾が江戸時代後期の特徴を示している。

白石老人 の墓
江戸時代の初め、生国も年齢も一切不明で仙人のような不思議な老人が白石城下の阿子島彦惣家 に宿泊していた。老人は文武百芸で、何事にも精進し、人々に尊敬され、107歳で亡くなったという。甲州武田家の名のある武将であったという説もある。

阿梅の墓
真田信繁幸村 )の娘の墓は如意輪観音 の坐像である。昭和26年頃に公園用地造成のため、現在地に移転している。その隣には片倉四郎兵衛守信大八 )の墓がある。

御本尊 阿弥陀如来立像白石市指定文化財
寺伝では大坂冬の陣 の時、戦火に遭った天王寺 から、片倉家中の遊佐勘四郎 が持ち帰った仏像である。南北朝から室町時代の作と推定される。高さは157cmである。明治38年に相馬の仏師・佐藤清五郎によって修理されている。

東大寺縁りの阿弥陀如来立像
奈良の東大寺 の再興に貢献した公慶上人 (1648~1705年)の大仏修理勧進に関連して製作されたものである。高さは42cmである。寺の記録には延享3年(1746 )、吉見岩之助が寄進したとある。

Texts

2019-02-15 15:12 (0)
tokada
2019-02-15 08:57 (0)
tokada
tenma
2018-10-19 22:14 (0)
tenma
monumento
2018-10-07 17:38 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2018/10/08)
Tags: ocr-generated 宮城県 白石市
kawa_sanpo (2018/10/07)
Tags: 仙台藩 伊達政宗 白石駅の駅名由来 白石 神石白石 シュラウシ 片倉小十郎景綱 白石市文化体育振興財団 城下町白石 白石市観光協会 みやぎ白石物語 宮城県 白石市
kawa_sanpo (2018/10/08)
Tags: 奥州街道 白石城 眼象窓 専念寺 三ノ丸 ニノ丸大手ニノ門 外曲輪 ニノ丸 当信寺 二階櫓門 宮城県 白石市
kawa_sanpo (2018/10/08)
Tags: ocr-generated 宮城県 白石市