Monumento

auto-translate The tomb of the Date family Fuji...

kawa_sanpo

2018/09/24

Tags: 参勤交代 桑折町教育委員会 伊達家の始祖 藤原朝宗の墓 源頼朝の伯母 高松女院 念西 信夫郡石那坂の戦い 大鳥城主 藤原 基治 宗村 大進局 貞暁僧都の母 青葉城主 伊達中納言 藤原政宗 福島県 桑折町

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate The tomb of the Date family Fujiwara Asakon belonged to Mr. Fujiwara Mishima flow, descendant of Nakayo Shogunsan, and his mother was an aunt of Yoritomo Morning. He was a prisoner of Isaso in Shinjuku District, Hitachi, but he went up to the capital when he was young and sometimes served Takamatsu Female. Five years of Bunriji (1189), Asako who took off as a boyfriend and joined together with his sons at Yoritomo &39;s Oshu Conquest war, the army of Fujiwara (Sato family) Kiyohara of Otori Fortress owner in the battle of Shinono Ishinaka It destroyed and made the cause of the total crash of Hiraizumi. Because he gave Date gun by military, he came to Date County with his second son Muneaki and set up a castle in Takan, but Mamura called his family name Date. Asako is deceased at the age of 72 at the first year of Masaharu (1199). The grandmaster of the daughter suffered the grace of Yoritomi and became the mother of Sadako Shogunate. In the 4th year of Civil Administration (1821), Date House established the Olympic stone tower in front of the grave and provided Asako. In the Edo period, Sendai was on the way to the grave - gallerry as an example of the transit of the diplomatic service. Date has come to be learned dated since the middle of the Edo period. In addition, Masamune Fujiwara Masamune Date (1567 - 1636) of famous Sendai - Aoba castle owner is the seventeen generation counted from Asako. Showa 58 th March, Kurofu Town Board of Education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 枣家族藤原Asakon的墓属于Nakayo Shogunsan的Fujiwara Mishima先生流,他的母亲是Yoritomo Morning的阿姨。他是日立新宿区Isaso的囚犯,但他年轻时去了首都,有时还担任高松女性。五年的Bunriji(1189年),Asako在Yoritomo的Oshu Conquest战争中作为男朋友和他的儿子们一起起飞,在寺内新野战斗中的Otori Fortress所有者Fujiwara(Sato家族)Kiyohara的军队它摧毁并成为了平泉彻底崩溃的原因。因为他用军队给了Date枪,他带着他的第二个儿子Muneaki来到Date县,并在Takan建立了一座城堡,但是Mamura称他的姓为Date。 Asako在Masaharu(1199)的第一年去世,享年72岁。女儿的大师遭受了Yoritomi的恩典,成为了贞子幕府的母亲。在民政管理第四年(1821年),Date House在坟墓前建立了奥林匹克石塔,并提供了Asako。在江户时代,仙台正在前往墓地的路上,作为外交服务过境的一个例子。自江户时代中期以来,日期已经开始学习。此外,着名的仙台 - 青叶城堡老板的Masamune Fujiwara Masamune Date(1567 - 1636)是从Asako算起的十七代。昭和3月58日,黑桐镇教育委员会

伊達家の始祖  藤原朝宗の墓
 藤原朝宗は、藤原氏魚名流に属し、中納言山蔭の後裔で、母は源頼朝の伯母 であった。彼は、常陸国新治郡伊佐荘の荘司であったが、若い頃には都に上り、高松女院 に仕えたこともある。文治五年(# 1189)、出家して念西 と称していた朝宗は、頼朝の奥州征戦に息子たちと共に参加し、信夫郡石那坂の戦い大鳥城主藤原 (佐藤家)基治 の軍を撃破し、平泉勢の総崩れの原因を作った。軍功によって伊達郡を賜わったので、彼は次男の宗村 と共に伊達郡に来住し、高館に城を構えたが、宗村は、家名を伊達と称した。
 朝宗は、正治元年(# 1199)、七十二歳で没している。その娘の大進局 は頼朝の寵を蒙り、貞暁僧都の母 となった。文政四年(# 1821)、伊達家は五輪の石塔を墓前に造立し、朝宗を供養した。江戸時代には、参勤交代 の途次、仙台候はここに墓参するのを例としていた。
 伊達は、江戸時代の中頃からダテと訓まれるようになった。なお、有名な仙台・青葉城主伊達中納言 藤原政宗 (# 1567~1636)は、朝宗から数えて十七代目である。
昭和五十八年三月
桑折町教育委員会

Texts

tenma
2019-01-16 22:20 (0)
tenma
monumento
2018-09-24 14:20 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2018/09/24)
Tags: 建造物 禅宗様 木鼻 向唐門 福島県指定重要文化財 桑折寺山門 auto-translate 蟇股 1825 唐破風 伊達晴宗 1548 福島県教育委員会 福島県 桑折町
kawa_sanpo (2018/09/24)
Tags: 会津若松市 時宗 西光寺 遊行上人 阿武隈川 徳一大師 霊場伊達十二番札所聖観世音菩薩 桑折聖観世音 南無観世音菩薩 御詠歌 日限延命地藏尊緣起 一空上人 芦名盛氏 三体地蔵尊 桑折寺住職 福島県 桑折町
kawa_sanpo (2018/09/24)
Tags: 重要文化財 建造物 旧伊達郡役所 三島通庸県令 洋風官衙建築 桑折町教育委員会 福島県 桑折町
kawa_sanpo (2018/09/24)
Tags: 1749 上杉 桑折町教育委員会 桑折陣屋跡 信達地方 幕府代官所 桑折陣屋 柘植伝兵衛 松平忠恒 定府 忠暁 半田銀山 神山三郎左衛門 前田勘四郎 斎藤彦内 蓬田半左衛門 寛延一揆 竹内平右衛門 寺西重次郎 寺西蔵太 島田帯刀 福島県 桑折町