Monumento

auto-translate Elephant&39;s nose breakwater Zo...

wawa

2018-08-19

Tags: 象の鼻 幕府 運上所 横浜開港 安政 関東大地震 慶応 開港場 税関 船舶 象の鼻防波堤 波止場 突堤 外国貨物 国内貨物 象の鼻パーク 神奈川県 横浜市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Elephant&39;s nose breakwater Zou-no-hana Breakwater In conjunction with the opening of Yokohama in 1859, the shogunate built a wharf at the center of the opening port and established a shipping point (customs) at its central location. This dockside was a simple one where two jetties protruded straight from the shore towards the sea, the jetty on the east was used for foreign cargo, and the jetty on the west was used for unloading domestic cargo. Since a large foreign ship can not be brought directly to the jetty, we transferred cargo from a ship berthing off the coast to a small boat, but the cargo handling work of the small boat was often hindered by the high wave caused by the strong wind . With the reconstruction of customs facilities and other facilities damaged by the Great Hanshin Fire in the 2nd year of Keio (186), the shogunate extended the jetties of the east to Keio 3 (1867) and brought a breakwater that bowed like an elephant&39;s nose I built it. This is the beginning of the "elephant&39;s nose", and the cargo handling work done in the waters surrounded by this breakwater quickly gained efficiency. In the maintenance work of the elephant&39;s nose park, we reconstructed so that the whole figure will be around the middle of the Meiji era, with reference to the remaining photos and construction records. During construction, due to the discovery of masonry and pavement stones of the elephant&39;s nose breakwater that seemed to have subsided by the Great Kanto Earthquake of 1923, some parts were preserved and displayed as they were, and restored It is also used for masonry.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 大象的鼻子防波堤Zou-no-hana防波堤随着1859年横滨的开放,幕府在开放港口的中心建造了一个码头,并在其中心位置建立了一个航运点(海关)。这个码头很简单,两个码头从岸边直接向大海突出,东边的码头用于外国货物,西面的码头用于卸载国内货物。由于大型外国船只不能直接进入码头,我们将货物从靠近海岸的船舶转移到一艘小船上,但小船的货物装卸工作经常受到强风引起的高浪的阻碍。 。随着京王(186)第二年大阪神火灾破坏的海关设施和其他设施的重建,幕府将东部的码头延伸至京王3(1867年)并带来了像大象鼻子一样鞠躬的防波堤我建造了它。这是“象鼻”的开始,在这个防波堤周围的水域完成的货物处理工作很快就获得了效率。在大象鼻子公园的维护工作中,我们重建了整个人物将围绕明治时代的中间,参考其余的照片和建筑记录。在施工期间,由于1923年关东大地震似乎已经消退的大象鼻子防波堤的砖石和路面石块的发现,一些部件被保存并显示为原样,并恢复它也用于砌体。

象の鼻防波堤
Zou-no-hana Breakwater

 安政 6年(1859)の横浜開港 に伴い、幕府開港場 の中央部に波止場
建設し、その中心地点に運上所 (税関 )を設置しました。この波止場は、
2本の突堤 が岸からまっすぐに海に向かって突き出た簡素なもので、東側
の突堤は外国貨物 の、西側の突堤は国内貨物 の積卸しに使用されました。
 突堤には外国の大きな船舶 が直接横付けできないため、沖に停泊してい
る船舶から小船に貨物を移し替えて運んできましたが、強風による高波の
影響で小船の荷役作業はしばしば妨げられました。慶応 2年(186) の検
浜大火により被害を受けた税関施設などの復興と共に、慶応3年(1867)、
幕府は東側の突堤を延長して象の鼻のように弓なりになった防波堤を築造
しました。これが「象の鼻 」のはじまりで、この防波堤によって囲まれた
水域で行う荷役作業は一気に効率が上がりました。
 象の鼻パーク の整備工事においては、残されている写真や工事記録など
を参考にして、全体の姿が明治中期頃のものになるように復元工事を行い
ました。工事中に、大正12年(1923)の関東大地震 で沈下したと思われ
る象の鼻防波堤の石積みと舗装の石材が発見されたため、一部をそのまま
の形で保存・展示するとともに、復元した石積みにも利用しています。

Texts

wawa
2018-08-27 22:36 (0)
wawa
monumento
2018-08-27 22:33 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa 12 months

象の鼻防波堤 横浜市中区海岸通1丁目1 大さん橋

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

monumento (2014/02/18)
Tags: 台場 岩倉具視 象の鼻 神奈川台場 伊予松山藩 勝海舟 神奈川県 横浜市
monumento (2014/02/18)
Tags: 神奈川県 横浜市
wawa (2018/08/27)
Tags: 岩倉具視 象の鼻 大久保利通 木戸孝允 伊藤博文 岩倉大使 欧米派遣 岩倉使節団 汽船 アメリカ号 条約改正交渉 神奈川県 横浜市
hamanobakeneko (2015/01/18)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横浜市