Monumento

auto-translate McCreb House (Mishigaya Old Miss...

wawa

2018-07-14

Tags: 東京都教育委員会 宣教師 建造物 宣教師館 マッケーレブ シングル洋式 ゴシック様式 アメリカ 外国人住宅 東京都 豊島区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate McCreb House (Mishigaya Old Missionary Center) Tokyo designated tangible cultural heritage (building) Kyu-suikeburei (Location) Toshima-ku Miscellaneous Goshiya Mini 5 - 5 designated Heisei errand Three days This building was built by American missionary JM McCreb in the Meiji period (1970). McCreb lived in this house for four years until returning to the Showa 16th year (194). Based on the single western style which was often used in the suburbs of the United States at the end of the 19th century, the detail design uses the Carpenter Gothic style. The inside of the building is arranged in T shape on both the 1st and 2nd floor, the fireplace is built in each room floor room, and it is connected to the chimney in the wall. There is a porch entrance in the northwest part of the first floor, a corridor and staircase on the north side, wide edges that can be used as a solarium on the south side, and an auxiliary staircase on the east side. It is a plain foreign residence with the characteristics of the suburbs of the United States in the second half of the nineteenth century and is valuable as one of the few missionary houses in the Meiji era in Tokyo. Let&39;s treasure the cultural assets March 2001 Construction Tokyo Metropolitan Board of Education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate McCreb House(Mishigaya旧传教中心)东京指定有形文化遗产(建筑物)Kyu-suikeburei(位置)Toshima-ku Miscellaneous Goshiya Mini 5 - 5指定平成差事三天这座建筑是由美国传教士JM McCreb在明治时期(1970年)建造的。麦克雷布在这所房子里住了四年,直到16年回到昭和(194)。基于19世纪末在美国郊区经常使用的单一西方风格,细节设计采用了Carpenter Gothic风格。建筑物内部在1楼和2楼均以T形排列,每个房间的楼层都设有壁炉,并与墙上的烟囱相连。一楼西北部有一个门廊入口,北侧有走廊和楼梯,宽边可作为南侧的日光浴室,东侧有辅助楼梯。它是一个普通的外国人住宅,具有十九世纪下半叶美国郊区的特征,是东京明治时代为数不多的传教士之一。让我们珍惜文化资产2001年3月建设东京都教育委员会

旧マッケーレブ邸(雑司が谷旧宣教師館 ) 東京都指定有形文化財(建造物 )
きゅうまっけーれぶてい(ぞうしがやきゆうせんきょうしかん)

所在地 豊島区雑司ヶ谷ーーニ五ー五
指定 平成二年三月三日

この建物は、明治四〇年(一九〇七)にアメ
リカ人宣教師 J・M・マッケーレブ が建てた
ものです。マッケーレブは昭和一六年(一九
四ー)に帰国するまでのニ四年間この家で生
活をしていました。一九世紀末のアメリカ
郊外住宅に多く用いられたシングル洋式
基調とし、細部のデザインはカーペンター
ゴシック様式 を用いています。建物の内部
は一・二階ともに三部屋がT字形に配置
され、各階ミ部屋ともに暖炉が組み込まれ、
壁の中で煙突につながっています。一階の
西北部にポーチ付きの玄関を設け、北側に
廊下及び階段、南側にはサンルームとし
ても使える広縁があり、東側には補助階段
が付いています。一九世紀後半のアメリカ
郊外住宅の特色を有する質素な外国人住宅
であり、都内でも数少ない明治期の宣教師
館の一つとして貴重です。

文化財を大切にしましょう

平成二三年三月 建設
東京都教育委員会

Texts

wawa
2018-07-16 21:42 (0)
wawa
monumento
2018-07-16 21:27 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa over 1 year

雑司が谷旧宣教師館 豊島区雑司が谷1丁目25−5

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2016/05/01)
Tags: ocr-generated 東京都 豊島区
wawa (2018/10/12)
Tags: 宣教師館 東京都 豊島区
hanacoco (2015/12/23)
Tags: 豊島区教育委員会 菊池寛 文藝春秋 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/01/17)
Tags: 1746 1334 柳下若狭 新篇武蔵風土記 東京都 文京区