Monumento

高速道路と芭蕉

vision

2018/06/13

タグ: 松尾芭蕉 1689 奥の細道 松尾芭蕉句碑 auto-translate 新潟県 柏崎市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Expressway and Basho Genroku 2nd year (1689) Early summer, the haiku poet Matsuo Basho went on a journey of Edo Shenzhen, Oshu, Hokuriku accompanied by his disciple Sora. About 5 months before reaching the land of autumn Ogaki, a journey of a large trip close to the itinerary six hundreds of miles (2400 kilometers) is "the back street". The itinerary that took a long time at that time is now connected by Tohoku, Hokuriku Expressway, Meishin Expressway, and many people enjoy a decisive travel by car, there is a sense of altruism indeed. Now, we will have 300 years from the "Oku no Otori" journey, but the Hokuriku Expressway is under construction, Niigata · Nakatie Tanihama interchange ~ Toyama · Asahi interchange completed, 63 years 6 The whole line was opened on 20th Monday. At that time, Basho got off to Niigata, Toyama, Ishikawa, Fukui and the coast of the Sea of ​​Japan along the Hokuriku Road, making Gifu Ogaki a connection point of "Oku no Otaki", but this process is In commemoration of this, I came up with a monument of a phrase which was said to have been written in various places in this car service area near the ground which is related to Basho Hokuriku Road, parking area. We are going to visit you by all means and will guide you to be a place of memories and a place of relaxation. A wonderful place to stay and a wisteria flower Unlike now, the old people are with their feet, only walking when walking up. As you take the necessary luggage against you, walking away all day and taking an inn, from the fold into the evening, the light purple wisteria flowers shine in the setting sun and are beautifully blooming. The beauty of the wisteria of the wisteria will heal the heart of a tired traveler and make me feel somewhat relieved. I feel the tastefully-made taste itself. The thing which becomes the basis of this phrase is said to have been established in front of the Shiiya Kannon Giant Monument of Kashiwazaki City, and it is said that Hayato Noshiya was built in the late Edo period. (Obtained cooperation from Kashiwazaki city for the construction of the phrase and by the calligrapher, Professor Nanko Shirakura in the monument style.) --- Matsuo Basho Matsuo Basho Claus Story Oku no Otomachi 1689

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 高速公路与芭蕉元禄第二年(1689)初夏,ha句诗人松尾芭蕉在他的弟子索拉的陪伴下,前往江户深州,奥州,北陆。在抵达秋季大垣之前的大约5个月,在行程六百英里(2400公里)附近的大行程是“后街”。当时需要很长时间的行程现在由东北,北陆高速公路,明新高速公路相连,许多人乘坐汽车决定性旅行,确实有利他主义的感觉。现在,我们将从“奥之大仓”之旅起飞300年,但北陆高速公路正在建设中,新泻·中Tan谷滨转换〜富山·朝日转换完成63年6全线于星期一20日开放。当时,芭蕉在北陆道下车到新泻,富山,石川,福井和日本海沿岸,使岐阜大垣成为“奥大泷”的连接点,但这个过程是为了纪念这一点,我想出了一个据说是在这个汽车服务区的各个地方写有一个短语的纪念碑,这个停车场与芭蕉北陆路有关。我们将通过一切手段来拜访你,并引导你成为一个回忆的地方和放松的地方。一个美好的住宿地点和一朵紫藤花与现在不同,老人们只用脚步,走路时只能走路。当你拿着必要的行李迎着你,整天走开并带着一家客栈,从折叠到傍晚,淡紫色的紫藤花在落日中闪耀,美丽地开花。紫藤紫藤的美丽将为一位疲惫的旅行者的心脏治愈,让我感到有些放松。我自己感受到高雅的品味。据说成为这个短语的基础的东西在柏崎市的十Kan观音巨人纪念碑的前面被确立,据说隼人Noshiya在江户末期被建造了。 (由柏崎市为这个词的建设获得合作,由书法家南古白仓教授以纪念碑形式获得合作。)---松尾芭蕉松尾芭蕉克劳斯故事奥部大手町1689

高速道路と芭蕉

 元禄二年(1689年)初夏、俳人松尾芭蕉は、弟子の曽良を伴って江戸深川をたち、奥州、北陸の旅に出ました。秋大垣の地にたどりつくまで約五ヶ月、旅程六百里(2400キロメートル)に近い大旅行の紀行が「奥の細道」てあります。当時の長期間を要したその旅程は今では、東北、北陸自動車道、名神高速道路で結ばれ、多くの皆様に車による決適な旅行を楽しんでいただいており、まさに隔世の感があります。
 今、「奥の細道」紀行から三〇〇年を迎えることとなりますが、くしくも、北陸自動車道は、建設中の新潟・名立谷浜インターチェンジ~富山・朝日インターチェンジ間が完成し、六三年七月二〇日、全線開通いたしました。当時、芭蕉は、北陸路において、新潟、富山、石川、福井と日本海沿岸を行脚し、岐阜大垣を「奥の細道」の結びの地とした訳ですが、この行程は、北陸自動車道とほぼ同じ道をたどっているところから、これを記念し、芭蕉北陸路ゆかりの地の近くの当自動車道サービスエリア、パーキングエリアに各地で詠んだといわれる句の碑を建立いたしました。是非お立寄りいただき当時をしのび、思い出の地、憩いの地とされたく御案内いたしまます。

 草臥れて
  宿かるころや
       藤の花

 今と違って、昔の衆は自分の足で、てくてくと歩くのみ。必要な荷物を背にして、一日中歩きくたびれて宿をとるころ、折から夕暮れの中に、薄紫の藤の花が夕日に映えて美しく咲いている。その藤の花房の美しさが、疲れた旅人の心をいやし、何かしらほっとした気持ちにさせてくれる。しみじみとした旅愁そのものが感じられる。
 この句碑のもとになるものは、柏崎市椎谷観音仁王門前に設置されており、江戸末期に俳人巣也が建立したといわれている。
(句碑の建立には、柏崎市の御協力を得、又碑の書体は書道家、白倉南寉先生による。) 

---
松尾芭蕉
松尾芭蕉句碑
奥の細道
1689

テキスト化

vision
2018-06-13 16:44 (0)
vision
vision
2018-06-13 16:41 (2)
vision
monumento
2018-06-13 16:30 (0)
monumento

コメント・周辺画像

vision vision 6日

高速道路と芭蕉

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ