Monumento

二ヶ領用水 「土木学会選奨土木遺産2012」の認定

wawa

2018-04-15

タグ: 江戸幕府 江戸時代 多摩川 慶長 灌漑用水 土木学会 二ヶ領用水 用水奉行 小泉次大夫 土木遺産 土木学会選奨土木遺産 神奈川県 川崎市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Water for Region Water "Civil Engineering Association Selection Civil Engineering 2012" is certified as a city water supply municipal water supply under the direction of Mizuno Shimizu, Koizumi Ooio of the Edo Shogunate, 1597 just before the Edo period ) Was launched on the same day. It was completed in 1611 (Keiichi 16 years) with the age of 14 years as an irrigation water passage extending from the current Tama area to the Kawasaki Ward. Drawing water on the two territories of Kawasaki territory and Inage capita at that time is regarded as the origin of the name. Today, the role of agricultural water is almost finished, but as urbanization, as a space of water and green that gives relaxation and peace, as a symbol of history that built the foundation of the development of Kawasaki city It is loved by citizens of the city, and it is familiar. Although this water has changed its appearance at the time, it is the oldest and largest agricultural water in the Tama River basin, and as valuable civil engineering heritage which leaves its function even now it gained evaluation that it should be preserved in later generations It was approved by the Japan Society of Civil Engineers in Heisei 24. Civil Engineering Association Selection Civil Engineering Heritage 2012 Natural Water Treatment

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 地区水用水“土木工程协会选定土木工程2012”在江户时代之前1597年的江户幕府小泉水野的水野清水的指导下被认证为城市供水市政供水)在同一天发布。作为从现在的多摩地区延伸到川崎病房的灌溉水通道,16岁(凯一16岁)完成,年龄为14岁。当时在川崎地区和人均地区的两个地区抽水被认为是该名称的由来。今天,农业用水的作用几乎已完成,但随着城市化,作为放松与和平的水和绿色空间,作为建立川崎市发展基础的历史象征它被城市的公民所喜爱,而且很熟悉。尽管当时这种水已经改变了它的外观,但它是多玛河流域最古老,规模最大的农业用水,并且作为宝贵的土木工程遗产,即使现在它仍然保留其功能,它被评估应该保存在后代由日本土木工程师学会在平成24年批准。土木工程协会选择土木工程遗产2012天然水处理

二ヶ領用水 「土木学会選奨土木遺産2012」の認定

だ ゆう
けいちょう
かんがい
二ヶ領用水 は、江戸幕府用水奉行小泉次大夫 の指揮のもと、江戸時代
直前の1597年(慶長 2年)に開削着手されました。現在の多摩区から
川崎区にわたる灌漑用水 路として、14年におよぶ歳月をかけて、1611年
(慶長16年)に完成しました。当時の川崎領と稲毛領の二つの領に水を
引いたことが名前の由来とされています。
現在では、農業用水の役割をほぼ終えつつありますが、都市化のなかで、
憩いや安らぎを与えてくれる水と緑の空間として、また川崎市の発展の礎
を築いた歴史のシンボルとして、多くの市民に愛され、親しまれています。
本用水は、当時とは姿を変えていますが、多摩川 流域では最古で最大の
農業用水であり、現在にもその機能を残す貴重な土木遺産 として、後世に
保存すべきとの評価を得て、平成24年度に土木学会 より認定されました。

土木学会選奨土木遺産
2012
二ヶ領用水

テキスト化

wawa
2018-04-15 14:05 (0)
wawa
monumento
2018-04-15 14:03 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 8ヶ月

二ヶ領用水 久地円筒分水 川崎市高津区久地1丁目28−7

wawa wawa 8ヶ月

#<User:0x007f88981f96e0> 久地円筒分水 二ヶ領用水 川崎市高津区久地1丁目28−7

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2018/04/15)
タグ: 多摩川 甲府市 円筒分水 平賀栄治 二ヶ領用水 平瀬川 三沢川 神奈川県 川崎市
wawa (2018/04/16)
タグ: 国登録有形文化財 円筒分水 二ヶ領用水 神奈川県 川崎市
wawa (2018/04/15)
タグ: 徳川家康 auto-translate 農業用水 慶長 39 田中休愚 二ヶ領用水 平瀬川 小泉次大夫 久地分量樋 六郷用水 ニヶ領用水知絵図 久地円筒分水 神奈川県 川崎市
wawa (2018/04/16)
タグ: 北原白秋 文学碑 神奈川県 川崎市