Monumento

戸野目小学校第一分校

vision

2017-07-21

タグ: auto-translate 39 新潟県 上越市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate No.1 Elementary School 1st Section Laboratory of the Aoba Shakuhachi Meiji 5 (187 2) When a new school system is launched by the new government, in the following year, October 2006, Mr. Sadayoshi Honjo Hosono Hosaka, Mr. Sadakichi Hosono, Opened the Elementary School as a school building, and completed a new school building in July in the seventh year, and became the "four elementary elementary school". However, this school system is not a compulsory system, it seems that there were many national schools nationwide. Therefore, in the Meiji 13th, an educational order was issued that declared the obligation of education, and following this compulsory education order, Araray / Nakagawa entered the small elementary school elementary school. In the "amendment of the town manager&39;s office jurisdiction" in July 17, Araraya / Mikawa was incorporated into the Yasugi group and was incorporated into the current district (Tsugu) in March of 1920 became. Therefore, after the implementation of the municipal system for 12 years, commuting to school continued as entrusted entrance to the small elementary school elementary school. In April of 1911, compulsory education was extended to six years by school system reform. There, the village abolished entrusting entrance to the small elementary school primary school, and set up the first division of Doomye Elementary School in the storm. At the same time, Suwa Village Yokohane received 50 entrance entrance examination of children. I went to the school to go to the 3rd grade of the Department of Elementary Studies, and from the 4th grade to the Toyonome main school. Although this system had changed a little since then, it was abolished in March of 1964, all the children came to our school. In addition, the school attendance of the Yokozuno school student to the Aoba school teacher continued until March of 1911. References Joetsu Shi History Tsu Arimuru magazine Furusato Elementary School (edited by Elementary School Elementary School) Heisei 24th Tsu Yuri regional development council

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 1号小学1号青叶尺八明治研究室5(187 2)新政府开设新的学校制度时,次年,2006年10月,Sadayoshi Honjo Hosono Hosaka,Sadakichi Hosono先生,作为校舍开设小学,第7年7月完成新校舍,成为“四所小学”。但是,这个学校制度不是一个强制性的制度,似乎全国有很多民族学校。因此,在明治十三日,颁布了宣布教育义务的教育命令,并且遵循这一义务教育命令,阿拉蕾/中川进入小型小学小学。在7月17日的“县长办公室管辖权的修改”中,Araraya / Mikawa被纳入安来集团,并于1920年3月被并入现在的地区(Tsugu)它变成了。因此,市政系统实施12年后,上学通勤继续作为小学小学的委托入学。 1911年4月,学校体制改革将义务教育延长至六年。在那里,村庄取消了对小学小学的入场委托,并在暴风雨中成立了Doomye小学的第一师。与此同时,Su访村横滨接受了50名儿童入学考试。我去学校去小学部三年级,从四年级到丰荣主校。尽管这个制度自那时以来有所改变,但在1964年3月被废除,所有的孩子都来到我们学校。此外,横纲学校学生到青叶学校的老师的学校一直持续到1911年3月。参考上世史历史Tsu Arimuru杂志Furusato小学(小学小学编)平成24年津日本地区发展委员会

戸野目小学校第一分校
荒屋分教場跡

 明治五年(一八七二)新政府から新学制が発布されると、翌六年十月戸野目保阪貞吉氏の尽力により、戸野目蓮休寺を仮校舎として戸野目小学校が開校し、さらに七年七月四ヶ所に新校舎が竣工して「四ヶ所小学校」となった。
 しかしこの学制は義務制ではなく、全国的には名ばかりの学校も多かった様である。そこで明治十三年、教育の義務を明言した教育令が出され、この義務教育令を受けて、荒屋・中川は小猿屋小学校へ入学となった。
 十七年七月の「戸長役場所轄区の改正」で、荒屋・虫川は安江組に組入れとなり、ニ十ニ年三月の「町村制実施」において、現在の区(津有)に組入れとなった。そのため、ニ十二年の町村制実施後は、小猿屋小学校への委託入学として通学が続いた。
 明治四十一年四月、学制改革により義務教育が更に六カ年に延長された。そこで村は小猿屋小学校への委託入学を廃止し、荒屋に戸野目小学校第一分教場を設置した。同時に、諏訪村横曽根五十余戸の児童の委託入学を受けることとなった。
 分教場へは尋常科三学年まで、そして四学年からは戸野目本校への通学とした。この制度は、その後多少の変遷はあったが、昭和四十三年三月に廃止となり、全児童が本校への通学となった。
 なお、横曽根児童の荒屋分教場への通学は昭和二十一年三月まで続いた。

 参考文献
  上越市史
  津有村誌
  ふるさ戸野目(戸野目小学校編)

 平成二十四年
  津有地区地域づくり協議会

テキスト化

vision
2018-06-20 19:07 (0)
vision
vision
2018-03-13 10:19 (0)
vision
vision
2018-03-13 10:19 (0)
vision

コメント・周辺画像

vision vision 6ヶ月

荒屋分教場跡

vision vision 3ヶ月

#<User:0x007ff67900eef8>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

vision (2018/06/14)
タグ: 会津藩 戊辰戦争 高田藩 南摩羽峯 私塾 1870 auto-translate 新潟県 上越市
vision (2018/07/03)
タグ: 新潟県 上越市
vision (2018/06/20)
タグ: 戊辰戦争 昌平坂学問所 笠松宗謙 倉石典太 新潟県 上越市
vision (2018/09/21)
タグ: 蒋介石 中華民国 全権大使 新潟県 上越市