Monumento

auto-translate Shinto shrine festival Great pri...

kawa_sanpo

2018/01/07

Tags: 川崎宿 大国主命 小川清蔵 森五郎 神奈川県 川崎市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Shinto shrine festival Great priest&39;s (Mr. Oguro) Lord of God (Mikoshin) Business Shigeru prosperity descendant prosperity Festival day September 19th Homiko Shrine was faithfully trusted by villagers in the Edo era It was. It was rebuilt by people of Meiji 3, Sugahara, Hisuzaki (now port town, Asahi Town, Honcho 2 chome). The main shrine is a masterpiece, a brilliant sculpture by Kagaku Ogawa Kiyomori has been made, and Taisho stone has a large number of influential names at that time. In Meiji 45, it was transferred to Mori Goro writer as one of the advocate owner by the shrine decree, but in the Showa 32nd, when the Mori family moved home, it was transferred to our office. Since Kawasaki Inn still survived in the Meiji 3rd year, this shrine is the only building in the existing lodging period.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 神社节大祭司(大黑先生)上帝之主(Mikoshin)事业繁荣繁荣的后代繁荣节日9月19日在江户时代,村子忠实地信赖Homiko神社是的。被明治3,菅原,久崎(现在的港口城市,朝日町,本町2丁目)的人重建。主神殿是一个杰作,由小川清盛化学辉煌的雕塑已经制定,而大正石在当时有大量的有影响力的名字。在明治45年,作为神社法令的拥护者之一被转移给森五郎作家,但是在昭和32年,当森家搬家时,被转移到了我们的办公室。由于川崎酒店在明治三年仍然存活下来,这个神社是现存住房中唯一的建筑物。

子神社
御祭神 大国主命(大黒さま)
御祭神(御神徳) 商売繁昌 子孫繁栄
例祭日 九月十九日

当子神社は、江戸時代には須ヶ原にまつられていて里人から篤く信仰されていました。明治三年、須ヶ原、久根崎(今の港町、旭町、本町二丁目)の人々によって建て替えられました。社殿は総欅造りで、彫師小川清蔵 による見事な彫刻がほどこされており、台石には当時の有力者の名が多数刻されています。
明治四十五年、合祀令により勧進主のひとり森五郎 作家に移し邸内社となっていましたが、昭和三十二年、森家の転宅の際、当所に遷座されました。
なお、明治三年にはまだ川崎宿 が存続していましたので、この社殿は、現存する宿場時代の唯一の建物です。

Texts

tenma
2018-01-29 09:27 (306)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 日露戦争 川崎宿 宇迦之御魂神 豊受比売神 於母陀流神 訶志古泥神 神奈川県 川崎市
kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 景行天皇 日本武尊 神奈川県 川崎市
kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 天然記念物 東海道 安藤広重 武相名所旅絵日記 神奈川県 川崎市
kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 東海道 勝海舟 橋 伊奈半十郎忠治 川崎宿 1650 1711 ハリス 水谷郷右衛門 水沢勘蔵 富岡惣衛門 二葉久二 神奈川県 川崎市